お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 不調

あなたの指先、ばい菌だらけかも?  汚れをしっかり落とす「手洗い」のコツ

手洗い後の汚れの残りやすい場所

ライオンは、手の汚れについて行った実験結果をもとに、同社ヘルスケアマイスターの山岸 理恵子氏による解説と「正しい手の洗い方」や「適切な手洗いのタイミング」について公開した。

【女性の行動】実際、どこから洗う? お風呂に入って最初に洗う身体のパーツ

手洗い後の汚れについて、どの部分に汚れが残りやすいかを実験したところ、「指先」「指と指の間」「手首」に汚れが残りやすいことがわかった。特に小さな子供は指先を口に入れてしまうことがあるため、これらの部位を意識的に丁寧に洗うようにすることが大切という。

手洗いの時間(自己申告)

キチンと手洗いを行った場合、泡立てた後から洗い流すまで最低でも30秒は必要。しかし、アンケート調査によると、30秒以上かけて手を洗っている人は、小学生が28.4%、中学生が14.9%、保護者(大人)が10.6%という結果に。さらに大人の方が手洗い時間が短いことがわかった。

さらに、通勤後の手を水だけで洗ったときとハンドソープで洗ったときの手に残った汚れを比較すると、水だけでは十分に汚れが落ちていないことがわかった。

水だけで手洗いした後とハンドソープで手洗いした後に手に残った汚れの量

石鹸やハンドソープは直接ノロウイルスを死滅させる効果はないが、ウィルスを手指から洗い流すことで体の中へ侵入するのを防ぐ効果が期待できる。また、石鹸をよく泡立てることで、泡と泡の隙間に汚れを吸い寄せる効果があるため、石鹸等をよく泡立てることもポイントとなる。

調理を行う前後、食事の前、トイレに行った後、下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後は特に、ノロウィルス対策という意味でも適切に手を洗うことを心がけたい。

お役立ち情報[PR]