お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コレは“好き”のサイン! 男性が「本命の女性にしかしないこと」3つ

ファナティック

好きな男性が自分のことをどう思っているのかは、かなり気になるところ。彼のほうで何かアクションがあったとき、それが「脈アリ」かどうか判断できれば、その後の展開もスムーズにいきそうですよね。では、男性が好きな女性にしかしないことって一体何? そこで今回は、社会人男性のみなさんに「本命の女性にしかしないこと」について教えてもらいました。


■マメに連絡をする

・「自分の気持ちに気がついてほしいから、LINEやメールでハートの絵文字やスタンプを多用する」(26歳/農林・水産/技術職)

・「メールのレスポンスを早くする」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「マメに連絡を取るようにする」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「メールに絵文字が多くなる」(28歳/金融・証券/専門職)

連絡不精な男性は少なくありません。でも、好きな女性が相手となると話は別。気を引くために、こまめな連絡&凝った文面を心がける男性は多いみたいですね。意中の男性と連絡をするときは、チェックしてみて。

興味を持ってもらうような行動をする

・「甘えるようにちょっかいを出す」(31歳/電機/技術職)

・「おごるとかケーキを買うとか。プレゼントもそう」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「好きだから、よりやさしく接する(やさしくしてしまう)」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

好きな相手に好印象を持ってもらうべく、興味を引きそうなものをアレコレ考えて、必死になるのは男性だって同じみたい。

とにかくデートに誘う!

・「食事に誘うことは本命にしかしない」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「本命以外はデートに誘いません」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「食事に何度も誘う」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ひたすらデートに誘う」(33歳/機械・精密機器/技術職)

女性だって、興味のない人をわざわざ食事に誘ったりしませんが、男性も同じ。好きだからこそ、一緒の時間を作りたい! と積極的にアピールするみたいですね。

いかがでしたか? もしこんなアプローチをしてくる素敵な男性がいたら、あなたに好意を抱いているかもしれませんね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数115件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE