お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ダサすぎて失神寸前! 実録・女子がドン引きした男性のデート服10

ファナティック

男性がデートのためにお洒落して来てくれるのって、自分と会うことを楽しみにしていたという気持ちが伝わってきてうれしいですよね。でも、逆に「何でそのファッション?」と聞きたくなるような洋服でデートに現れたら彼の自分に対する愛情も疑ってしまいそう。今回は、男性のデート服にドン引きしてしまった経験について聞いてみました。

■お洒落以前の問題が……

・「パジャマみたいなスウェット。いくらなんでも毛玉つきは嫌だから」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ヨレヨレのTシャツ。ダサいという以前に、きれいな服で来てほしい」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「ヨレヨレの服。一緒にいて恥ずかしいと思った」(25歳/医療・福祉/専門職)

部屋着のままフラッとコンビニまで。そんな気合の入らない洋服で現れた彼を見てドン引きしたという女性もいるようです。センスが良い、悪いという問題ではなく、デートにヨレヨレで毛玉の付いたスウェットはナシ! シンプルでもダサくても良いから、せめて清潔感のあるキレイな洋服を着てほしいですよね。

■行き先間違ってませんか?

・「部活に行く学生のようなジャージ上下。私は今からフットサルへは行きません、と思った」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ヨレヨレのTシャツに短パン。海に行くのでもないのにどうかと思った」(33歳/自動車関連/事務系専門職

・「釣りのロゴ入りTシャツに防水ズボンにサンダル。完全にアウトドア様式だったから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「登山服のような防寒しか意識していない色もちぐはぐなダサい格好」(32歳/その他/クリエイティブ職)

今日のデートはアウトドアでしたっけ? と聞きたくなるほど場違いな服装で現れた彼にドン引き。まるで海や山にでも行くようなファッション、高校生の部活を思わせるようなジャージ。どれも、街歩きのデートに着てくるのはあまりにも不自然。ちょっとお洒落なお店に入りたいと思ってもこれじゃ恥ずかしくて行けませんよね。

■失神するほどダサい!

・「意味のわからない配色の組み合わせ、サンタの大きな絵が描いてあるスウェットなど。失神するかも思った」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「全身インポートブランドのロゴがふんだんに使われたコーディネート。成り金っぽくてダサい」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「全身原色のファッションでドン引き」(30歳/医療・福祉/専門職)

ファッションセンスって人それぞれなので、あまり口出しはしたくないけれど「それはないな」と思うほどダサい洋服を着てデートに現れた男性もいるみたい。全身ブランドロゴ、全身原色って統一感を出すところ間違ってませんかと聞きたくなりそう。見た瞬間に失神するか他人の振りをするか、どちらにしてもデートは中止したい気分ですね。

彼としては精いっぱいのお洒落だったと思いたいところですが、やはり理解不能なファッションの男性と一緒に歩くのはイヤなもの。自分の好みを押し付けるのも彼に悪いとは思うものの「ダサい!」とはっきり言えるような洋服だけは変えてもらいたいですよね。本人がダサいことに気付いていないのなら、一緒に洋服を買いに行って彼に似合いそうな洋服を選んであげるというのも一つの手。「こっちのほうが●●君に似合うよ」と言えば彼もそれほど傷つかないかも。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数176件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE