お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

どうしよ! オンナがお泊まりデートで困ること【イラストコラム】

MARI MARI MARCH/OFFICE-SANGA

心ウキウキお泊まりデート。彼と一晩中、一緒にいられるなんて幸せ!

だけど、女の子にはいろいろ気がかりなことがあるのです……。

その場の流れで「泊まってく?」となったときは、さぁ大変! 「ムダ毛の処理、完璧かしら?」「スキンケア用品持ってないけど!」「下着、大丈夫?」とあたふた。

計画的なお泊まりの場合でも、メイク道具にヘアケア用品と、持ち物が多くて困ります。しょっちゅうお邪魔するような関係なら、彼の家にワンセット置かせてもらえるといいんですけどね。

ただ、2セット用意するのもお金がかかるし微妙かぁ。

すっぴん問題は大いに悩むところ。

「お風呂のあと、うっすら化粧するか? でも肌荒れるのはいやだし……」

すっぴんがかわいい人が心底うらやましい限り。

お家でゆっくりするとなると、かなりお互い素の部分が見えてくると思うのですが、そんなとき「知らず知らず彼の機嫌を損ねていないか」を気にする女性もいるみたい。

わたしは昔「トイレのフタをしめろ」とおこられたことがあります。実家は閉めないタイプだったのでついね。

当時はそんなことでおこられるんだって逆にびっくりでしたが、郷に入っては郷に従えってことですね。

「トイレットペーパー使いすぎ」でもめているカップルもいましたが、もしかするとトイレ問題、男性はけっこううるさいのかも?

トイレつながりだと、やっぱりお泊まりデートでは、「ゆっくりトイレ」もなかなかはばかられます。

「おならを我慢しすぎてお腹痛くなる」とか、同棲している子が「おならするために実家に帰る」とか、女子はけっこう苦労しています。

わたしもわざわざコンビニまで行ってゆっくりトイレに入っていたら、心配されて電話がかかってきたことがあります。察して……!

すっぴんもトイレ問題も気にしなくなるくらい深い関係になれるといいんですけどね。

かといって、ときめきやドキドキが失われたらいやだし……。むつかしいところです。

文・イラスト MARI MARI MARCH(マリマリマーチ)/OFFICE-SANGA

※この記事は『どうしよ! オンナがお泊まりデートで困ること11選「ノーブラになるかどうか」』を再構成しています。

お役立ち情報[PR]