お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキンケア

剃り忘れて1カ所だけボーボー!? 女子たちの脱毛失敗談4選

ファナティック

肌の露出が多い夏。抜かりなくお手入れをしていなくては、恥ずかしい思いをすることがあるムダ毛問題。気軽に永久脱毛ができるようにはなりましたが、剃ったり抜いたりと自己処理をしている人もまだまだたくさんいるはず。そこで今回は、誰もが一度は経験したことのある、ムダ毛の自己処理に関する失敗談を働く女子たちに教えてもらいました。

■黒いポツポツや埋没毛に

・「埋没毛がたくさんできてしまった。そのあと永久脱毛をしたらきれいに治った」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「無理やり引き抜いて肌がプツプツになってしまった」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「カミソリで自己処理したら、太ももに埋没毛がたくさんできてブツブツができてしまった」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

誤った自己処理を続けているとできてしまう黒いポツポツや、皮膚に毛が埋もれてしまう埋没毛。自己処理を思い切ってやめたら改善したという意見もちらほらありました。

■カミソリ負け

・「カミソリ負けして、赤く炎症を起こしてしまった」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「カミソリ負けして、むしろ汚くなった」(26歳/ソフトウェア/事務系専門職)

カミソリで自己処理をしている人に多いのが、皮膚が赤く炎症を起こしてしまったという経験。炎症後に皮膚が黒ずんでしまうことも。簡単にできる自己処理の方法ではありますが、カミソリでのお手入れは、肌に負担がない程度に留めておいたほうがいいのかもしれません。

■剃り忘れがあった

・「剃り忘れがあって、1カ所ボーボーだったことがある」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「処理し忘れて、会社でボツボツに気づいて大恥をかいた」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

一生懸命処理をしてもどうしても見つかる剃り忘れの部分……。外出先で気づいて恥ずかしい思いをしてしまった経験は多くの人にあるのではないでしょうか。

■肌を傷つけてしまった

・「カミソリの当て方が下手で、凹凸の多いひじやひざをいつもケガしてしまう」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「カミソリで切ってしまって血が出た」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「カミソリで急いで剃ったら切れまくってしまった」(25歳/その他/その他)

カミソリでの処理に多いのが、誤って皮膚を傷つけてしまうこと。危ないのでカミソリで自己処理をしている人は細心の注意を払いましょう。

多くの女子たちが悩み続けるムダ毛問題。自己処理での失敗もやはりつきもののようです。自分に合った正しい方法でしっかりムダ毛処理をして、残りの夏を思い切り楽しめるといいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数178件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]