お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第11話 落ちてきた幸運

希美と2人で食事に行ける。
突然訪れたチャンスに胸が弾んだ。
人生ってやつは、がんばっているときには
うまくいかないことが多いのに、
忘れたころにこうしてポロリと幸運が零れ落ちてきたりする。
僕から食事に誘おうと思ったときにはうまくいかなかったのに、
考えてもいないときにこうして向こうから誘われる、みたいな。
努力と結果は相関関係じゃないんだ。

この幸運を逃さないように、希美が喜ぶ店を提案しよう。
どこがいいかな――。
と考えていると、希美があたりを見渡して言った。
「廉、どこ行ったんだろ?」
そういえば廉の姿が見えない。
希美の声に、スマホをいじっていた詩織が顔を上げた。
「トイレじゃない?」
「それにしてはちょっと長い気がするけど。大丈夫かなぁ?」
僕は廉がいなくなったことにさえ気づいていなかったのに、
希美はずっと前から気にしていたんだ……。

僕と話が弾んでいたのは、廉がいなかったから?
そう思ったら、情けないような気持ちになって、
だんだん腹が立ってきた。
「大丈夫だよ。子どもじゃないんだから。
きっとトイレが混んでるんだろ」
心配しなくていいよ。いや、心配なんかするなよ。
廉のことなんか、考えないでほしい。
そう言いたいのをグッとこらえた。

お役立ち情報[PR]