お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

「鼻からスイカ」の痛みがなくなる!? 将来無痛分娩を希望する女性はなんと63.8%! その理由とは?

ファナティック

将来無痛分娩を希望する女性はなんと63.8%近年、話題となっている無痛分娩。女性にとって人生最大の痛みとも言われる分娩時の痛みを、麻酔を使ってやわらげることで、母体や赤ちゃんにかかる負担を軽減するというものです。無痛分娩について思うことを、社会人の女性に聞いてみました。

Q.出産の方法で「無痛分娩」(※麻酔を使い、お産のときの痛みをやわらげる出産法)を希望しますか?

「はい」……63.8%
「いいえ」……36.2%

6割を超える女性が、無痛分娩を希望すると回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

【「はい」と回答した女性の意見】

■痛みに対する恐怖

・「痛みが怖いし、そのせいで妊娠を望んでいない部分もあるから」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「経験者から尋常じゃない痛みということを度々聞いているから。できるだけ痛みを少なく生みたい」(26歳/情報・IT/営業職)

出産時の「痛みのせいで出産を望んでいない」、どうせ産むなら「できるだけ痛みを少なくしたい」といった声が多数あがりました。たしかに出産未経験の女性にとって、お産の痛みは想像できないだけにすごく怖いですよね。また、無痛分娩は痛みを感じないだけでなく体力も大幅に消耗せずに出産できるので、母親としてもうれしいことですよね。

■早い回復を望むため

・「里帰り出産をしない予定なので、出産後にできるだけ早く回復できる方がいいので」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「痛みを少なくして出産できるならその方がいい。産んだ後も大変だから体力的に負担が少ない方がよさそう」(29歳/不動産/事務系専門職)

一般的に無痛分娩は産後の肥立ちがよいと言われています。忙しい現代社会では、産後もなるべく早い社会復帰を望む人も多いので、その点で出産時に体に大きな負担をかけない無痛分娩を希望するという意見の人がいました。

【「いいえ」と回答した女性の意見】

■痛み以外のリスクがある

・「麻酔があまり体にいいとは思わないので、赤ちゃんにも害を与えそうで怖い」(28歳/機械・精密機器/その他)

・「麻酔をするにもカテーテル挿入による部分麻酔だから結局痛そうだし、あまり麻酔の意味がなかったという人もいるので、高いお金をかけるのもバカバカしいと思うから」(27歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

無痛分娩はまだ日本での歴史が浅く、完全な無痛とは言えないのも現状です。出産のタイミングで無痛分娩を行える医師がいなければ実現事態困難ということもあり、希望していたとおりの無痛分娩が行われないリスクもあるので、無痛分娩を希望者する人はそういったリスクをよく考えたいですね。

■痛みを感じてこそ

・「痛みがあるのが出産の醍醐味だと思うので。生まれてくるありがたみがない気がする」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「痛みがあることで達成感とか、責任感が生まれるとも思うので」(30歳/その他/その他)

この考え方は賛否両論別れるところです。痛みを感じたからといって愛情が深くなるという意見もありますが、自分がその痛みや苦しさに必ず耐えられるという保証はどこにもないですから・・・・・・。出産は命を落とす可能性も頭においてどちらにするか慎重に選びたいものです。

無痛分娩に対する批判的な意見も多い一方で、自然分娩を望んでいたものの、帝王切開などの医療行為によって生まれてくる命もあります。どのような分娩方法を選択したとしても、産まれてくる子どもの命の重さは変わりません。分娩方法は自らが責任を持って選択するものであり、他人が価値観を押し付けてはいけません。赤ちゃんと自分、そして父親にとってベストな選択は何かをよく考えて出産に臨みましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数220件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]