お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 オンナのボディ

【生理事情】実際、いくつ持ってる? 働く女性が月1回で使っている生理用品の種類

健康であれば毎月来る生理。生理用品の準備は欠かせませんよね。でも、お店に行くと生理用品の種類って意外と多いと思いませんか? そこで今回は、普段使っている生理用品の種類について、働く女性にアンケート調査しました!

Q.生理の始まりから終わりまで、生理用品は何種類、使用しますか?

1位「2種類」……48.2%
2位「1種類」……24.1%
3位「3種類」……20.5%
4位「4種類」……5.4%
※5位以下省略、複数回答可

第1位は「2種類」でした。ほぼ半数の女性が2種類使っているんですね! それぞれの項目を選んだ理由を見てみましょう。

■第1位 経血の量によって使い分け! 「2種類」

・「終わりかけにはおりものシート」(33歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「始まりと終わりのときには普通サイズのものを使い、2日目くらいからは夜用の大きいサイズを使用」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「多い3日目までは夜用を日中でも装着、それ以降は昼、夜とともに昼用の普通を使っている」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「タンポンと普通の日用のナプキン」(32歳/金融・証券/営業職)

第1位は「2種類」。量が多い日は小さいナプキンだと心配ですし、終わりかけだとナプキンがもったいなく感じたりするんですよね。

■第2位 これで十分! 「1種類」

・「昼用をI字にして夜用としても使う」(32歳/学校・教育関連/営業職)

・「とにかく出血が多いので、40センチ以上しか使わない」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「羽根付きしか使わない」(27歳/金融・証券/営業職)

・「布ナプキン」(28歳/金融・証券/営業職)

第2位は「1種類」。昼用をつなげて夜用として使うほか、ちょっと珍しい布ナプキン派も。1種類だけで対応するこだわりが見られますね。

■第3位 臨機応変に「3種類」

・「タンポン2種、ナプキン」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「多い日の夜、普通の昼、夜、少なくなった日」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「量が多い昼、多い夜、少ないときで使い分ける」(24歳/建設・土木/技術職)

・「普通の日用のナプキンと、普通の日用の羽根付きのナプキンと、夜の多い日は大きなナプキン」(28歳/学校・教育関連/専門職)

第3位は「3種類」でした。同じサイズのナプキンでも羽付きと羽なしとではちょっとちがいますよね。たくさんストックしていると選ぶのが楽しいかも。

■第4位 どこからでも来い!? 「4種類」

・「普通の日、多い日、多い日の夜、軽い日」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「経血が少ない日&普通の日用、多い日昼用、多い日夜用のナプキンとタンポンの4種類」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「夜用、多い昼用、普通の日用、軽い日用」(28歳/建設・土木/販売職・サービス系)

・「朝昼用、夜中用、多い日用、普通の日用と、出血の量に合わせて使い分けている」(32歳/医療・福祉/専門職)

第4位は「4種類」。ちょっと多いなあ……という印象ですが、それだけ多くの種類が販売されているということですよね。これだけあれば無敵かもしれません!

ランキング1位は「2種類」でした。何気なく使っている生理用品ですが、ランキングに載っているだけでもこんなに種類があるんですね。いつもの生理用品にちょっと不満がある人は参考にしてみては!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数112件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]