お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メイク

男性がドン引き! 年齢的にみっともないと感じた女性のメイク4選

ファナティック

年齢にふさわしい服装があるように、やはりメイクにも年齢にふさわしいメイクというものがあるのでしょうか。そこで社会人男性に、年齢的にみっともないと感じた女性のメイクについて聞いてみました。

■チークは年齢不相応と判断されやすい?

・「チークの塗りすぎ。バカボンみたいに見える」(32歳/商社・卸/営業職)

・「もういい年なのにほっぺにチークを塗っている」(29歳/不動産/その他一般事務)

「年齢にふさわしくない」「みっともない」なんて男性から思われやすいのが、チークなのだそう。むしろ血色がよく見えて、年を取ると欠かせないメイクのようにも思えるのですが、男性からは意外と不評なようです。

■つけまつげに違和感!

・「強烈なつけまつげ。30越えてお前は女子高生か、みたいな感じです」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「つけまつげをつけすぎな社会人はみっともなく見える」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

「年を取ったって、つけまつげくらいいいじゃない」という気もするのですが、男性からはやっぱり不評。特に黒々とした強烈なつけまつげや、つけすぎ・盛りすぎなつけまつげは、男性からNG判定でした。

■目のまわりが黒いメイク

・「アイシャドウがきつすぎてクマになっている」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

・「目のまわりが不自然に黒い」(29歳/食品・飲料/営業職)

目力をつけるために、目元まわりにあえて黒・茶・グレー系のシャドウを入れることがありますが、これも男性からは不評でした。理由は「クマみたいだから」なのだそう。クマがあらわれやすい年齢でこのメイクは誤解されやすい!?

■ラメ入りキラキラメイク

・「それなりに年がいっているのにラメがきつい」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「キラキラさせすぎるのはちょっと」(23歳/医療・福祉/専門職)

ラメ入りのキラキラメイクも年を取ったら控えたほうがいいという意見も。ラメで見た目印象を少しでも華やかにしようという、そんなけなげな努力がかえって目についてしまうなんて……。悲しいですね。

年を取ると、いろいろな部分が気になってついメイクを濃くしてしまいがち。メイクで隠さなくてもいいように、早いうちからエイジングケアをしっかりしておきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数107件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]