お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

働く女性の実態調査! 出産の痛みを体験してみたいですか?

宇田川ノリコ

出産経験者が語る、出産時の痛みは相当なもののよう。「生まれてきた子どもの笑顔を見ると痛かったことなんて忘れるもの」と聞くけれど、未経験だとやっぱり怖さが先に立つのかも。女性だからこそ経験できる出産の痛み、あなたは体験してみたいですか? 働く女性たちにアンケートで聞いてみました。

◆子どもを産むときの痛み体験してみたいですか?

「はい」と答えた女性が約25%、75%の女性が子どもを産むときの痛みを体験したくないと考えているよう。痛いと聞いてはいるけれど「それ以上の感動があるはず」「やっぱり子どもがほしい」という声が多かったです。また痛みを体験することで「親に感謝できそう」という意見も。一方で、「痛いのは絶対に嫌」「無痛分娩を希望する」という声もありました。

[回答者数:209(1年目=4.3%、2年目=4.3%、3年目=3.4%、4年目=7.2%、5年目=11.5%、6年目=16.8%、7年目=15.8%、8年目=7.2%、9年目=11.0%、10年目以上=18.6%、その他=0.0%)/『マイナビウーマン』調べ。2015年7月にWebアンケート、22~34歳の働く女性]

Q.そう答えた理由や具体的なエピソードがあればお答えください。

■女性しか体験できないことだから

・「女に生まれた以上、経験はするべき」(建設・土木/技術職/10年目)
・「やっぱり女性に生まれた以上一度は経験してみたい」(金属・鉄鋼・化学/技術職/7年目)

■経験者の話が怖すぎる

・「味わってみたい反面、痛みに耐えられる自信がない。知り合いの出産話を聞いてビクビクしている」(食品・飲料/専門職/1年目)
・「正直スイカを鼻から出したなど本当らしいということを聞くと無痛で分娩したいとは思う」(学校・教育関連/事務系専門職/10年目)

■感動を味わいたい

・「感動が大きいはず」(団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職/12年目)
・「子ども産むことなんて人生にそうそうないから、一度だけでも味わってみたい。そうしたら感動もひとしおだと思うので」(情報・IT/営業職/7年目)

■経験したのでもういい

・「一度味わったから」(アパレル・繊維/販売職・サービス系/9年目)
・「既に2人出産しているので、あまり味わいたくない」(金融・証券/販売職・サービス系/10年目)

■子どもがほしい

・「何より子どもがほしいし、みんなが経験できることではないから経験できるのであれば経験したい」(情報・IT/技術職/5年目)
・「子どもを産みたいし、痛い思いをして産んだ子は絶対に大切にしたいと思うから」(情報・IT/事務系専門職/6年目)

(次ページ)怖いのはみんな一緒? 今どきの女性たちのホンネって?