お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

使っていない下着に●万円!? 働く女子が一番お金をかけた美容費とは?

板橋不死子

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

女子たるもの、美容には常に気を配っていたいですよね。しかし、ときには高額な出費が必要になることも……。働く女性たちが、もっともお金をかけた美容費は何か、聞いてみました。

■歯列矯正

「付き合っていた彼に私の歯並びの悪さを指摘され、一念発起。目立たないよう、歯の裏側から矯正する方法を選びました。おかげで通常の処置の1.5倍くらいの値段がかかって、総額130万は使いました」(32歳/サービス)

大人になってからの歯列矯正はお金だけじゃなく時間もかかるので忍耐も必要です。

■基礎化粧品

「20代半ばを過ぎてそろそろ肌が気になり出したとき、とある高級ブランドの化粧品に手を出してしまいました。化粧水、乳液、保湿クリームなどそろえはじめたらキリがなく、30万は使ったと思います」(30歳/金融)

化粧品類は一度ハマると、どんどんいろいろな商品に手を出したくなるのが怖いところです……。

■永久脱毛

「いつかやりたいと思ってお金を貯めてきた永久脱毛を、去年からようやくはじめました。まだ支払いの途中ですが、だいたい100万くらいかかる予定です」(27歳/メーカー)

「面倒なムダ毛処理から開放されるなら、多少お金を払ってもかまわない」と考える女子も。最近は比較的安価なサロンが増えているので手が出しやすそうです。

■補正下着

「20代前半のころ、友だちのススメもあって補正下着を買うことに。ブラジャー、ガードルなどセットで15万しました。夏場は暑いし、洗濯は手洗いしかできないから面倒になり、結局タンスの肥やしに……」(31歳/教育)

せっかく高いお金を出してきれいになろうと思っても、使わなくなってしまえば無駄な出費に……。

■ブライダルエステ

「“結婚式は一生に一回の晴れ舞台”という言葉にのせられ、20万のブライダルエステのコースを契約。とくに効果を感じられなかったので、意味があったかどうかはわかりません……」(32歳/IT)

写真でも残るからこそ、ブライダルエステを利用する花嫁さんはかなりの数がいそうです。きれいな姿で臨むためにはもはや必要経費?

誰しも一度は高額な美容に投資しているようです。結果に満足していればいいのですが、一概にそうとも言えない人が多いのも事実……。購入を決断するときに、本当に必要かどうかの見極めは肝心です。

※画像は本文と関係ありません

(板橋不死子+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]