お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

下半身が中から爆発!? 経験者に聞く「出産の痛みの表現」8選!

ファナティック

子どもは産みたいけれど、出産時の痛みが不安という女性は多いことでしょう。案ずるより産むがやすしとは言うものの、出産を経験した女性の話を聞くと、なんともつらそうな話ばかり。将来の出産がとても不安になってしまいますよね。想像するのは難しいとは思いますが、出産経験がある社会人の女性に出産時の痛みについて聞いてみました。

■この世の終わり!?

・「声が出ない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「この世のものとは思えない痛み」(31歳/金融・証券/営業職)

「人間って、こんなに強い痛みを感じることがあるんだ」と思うほどの強烈な痛みだったようですね。いったん陣痛がはじまれば、赤ちゃんに早く会いたいという気持ちと、痛みに耐えられるかどうかの不安と格闘することになりそうです。

■爆発!?

・「お尻を突き破られる感じ」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「下半身が中から爆発しそうな感じ」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

体が爆弾になったかのような表現ですよね……。でも、痛みを乗り越えれば、かわいいわが子との対面が待っています!

■拷問!?

・「内臓をえぐり取られて踏みつぶされる感じ」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「万力で下半身を絞られている」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

自分の体はどうなってしまうのだろうと思うほどの痛みを経験した人もいるようです。鈍痛とはまさにこのこと? 女性しか感じることが不可能な痛みなので、出産に立ち会う男性は心配でしょうね。

■まさかの想定内だった!

・「覚悟していたほどではない。産む瞬間より陣痛のほうが痛い」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「ちょっと重い生理痛のような感じ」(31歳/医療・福祉/専門職)

強烈な痛みを想像していても、実際にはそれほどつらい痛みではない場合もあります。痛みの感じ方には個人差があるので、一概に出産は必ずしも猛烈に痛いものと言い切ることはできません。思ったより痛くなかったなら、2人目、3人目と次々ほしくなってしまうかも?

現在では出産方法の選択肢もある程度幅が広がり、自分らしく出産の瞬間を迎えたいという女性も多くなってきています。どんな出産であっても、不安と痛みを乗り越えたママたちに拍手を送りたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数158件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]