お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

うーん、悩む! 女子がムダ毛処理で迷ってるパーツはデリケートゾーンと「●●」

ファナティック


多くの女性が悩まされているムダ毛。ツルツルスベスベの肌を目指して日々、除毛や脱毛に取り組んでいる人も多いでしょうが、どこまでムダ毛を処理するか迷ってしまう場合も。脱毛をためらってしまうパーツについて、社会人の女性に聞いてみました。

Q.ムダ毛処理や脱毛で、「この箇所は脱毛すべきか」と迷っている箇所はありますか?

「ある」……20.3%
「ない」……79.7%

2割程度の女性が、脱毛すべきか迷うパーツがあると回答しました。そのパーツと、迷っている理由を聞いてみました。

■デリケートゾーン

・「デリケートゾーン。サロンで脱毛したほうがよさそうだけれども、恥ずかしくて行けない」(25歳/その他/その他)

・「VIOライン。ワキのように処理するのがスタンダードになってきているように思われるので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

「ここがキレイだったら、夏場の水着も自信を持って着られるのに……」とは思いながらも、やはり他人にデリケートゾーンを見せることに気が引けて、なかなか脱毛する勇気が持てないという人が多いようです。

■脱毛していいのかわからない

・「顔のうぶ毛。やってもいいのかそもそもわかりにくい場所だから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「顔のうぶ毛。特に眉毛のまわり。化粧のノリがちがう気がするから」(32歳/その他/クリエイティブ職)

顔剃りをしたあとは、なんとなく肌に触れたときの感触がちがうものです。目立たない場所ですが、化粧のノリを考えたら迷ってしまうパーツですよね。

■普段は見せないパーツだけれど……

・「背中。うぶ毛しかないし普段露出する場所ではないので必要性を感じていないが、結婚式を考えるとやったほうがいいのだろうかと迷っている」(28歳/機会・精密機器/技術職)

・「おなかの毛。薄いけど、目立つ分には目立つので気になるが、うぶ毛には脱毛が効きづらいと聞いて悩む」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

普段は人目に触れることがないけれど、脚や腕など目立つパーツを一通り処理し終えると気になってくる背中やおなかのうぶ毛。特に背中は結婚式に向けて本格的な処理を実施するケースが多いようですが、うぶ毛の脱毛は迷うところですよね。

■範囲は狭いけれど意外に目立つ

・「手の指。わざわざ処理するのは面倒だけど目立つから」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「乳輪。費用対効果を考えると悩む」(27歳/食品・飲料/営業職)

腕や脚よりもずっと範囲は狭いものの、意外に目立つこれらのムダ毛。その都度処理するのは、下手すると広いパーツよりも面倒で忘れてしまうこともしばしば。ですがマイナーなパーツだけに料金を提示されて「こんな狭いのにこんなに高いの?」と思って躊躇(ちゅうちょ)してしまう女性も多いようです。

ひとつのパーツを終えるごとに「もっと、もっと」と処理したくなってくるムダ毛処理。肌を痛めないようにすることはもちろんですが、あとで「処理しなきゃよかった」とならないように、サロンなどで脱毛する場合は説明をよく聞いてからにしましょう。

(ファナティック)

※画像は本文とは関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数151件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]