お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 オンナ心に効くマンガ

ガツガツしすぎ! 婚活中の女性に引いたエピソード5選

ファナティック

自分は自分、他人は他人と思っていても、つい焦ってしまう「結婚」への道。しかし、結婚は1人ではできないもの。ガツガツしすぎると、逆に男性のほうから避けられてしまうかも。ということで今回は、婚活中の女性にドン引きしてしまったエピソードについて、社会人男性のみなさんに聞いてみました。

■年収で相手を値踏み

・「すぐに年収を聞いてきて必死さにドン引きした。マナーがないから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「いきなり『年収いくら?』と聞かれて答えたら、小さい声で『ダメだ』と言われて、ドン引きした」(29歳/不動産/その他)

・「テレビで年収から入る女性を見たとき。年収ありきだからその年収が下がったらすぐ離婚しそう」(31歳/食品・飲料/技術職)

「年収が高い男性じゃないとイヤ!」と、すぐにお金のことを話題にし始める女性。男性側もこれには参っているようで、結果的にいい出会いをつぶしてしまっているかも。

■仕事に口出し

・「仕事の職種にいろいろ口を出してきて『営業職になるつもりはないの』とか言ってきた」(29歳/情報・IT/技術職)

下心ミエミエで、見苦しいですね。相手のことをよく知った上でのアドバイスならまだいいのですが……。

■プライベートに踏み込んでくる

・「出会ってすぐプライベートを聞かれると引く」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

まだ出会って間もないのに、プライベートのことをあれこれ口出ししてしまう女性。「もう彼女面?」と、男性もほとほとあきれ返っているようです。

■行動が早すぎる

・「街コンで出合って速攻で2人でカラオケに行って密着していたという話を聞いたことがある。こういうものは時間をかける必要があると思う」(24歳/学校・教育関連/その他)

・「食事の誘いがぐいぐいですごかった」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「合コンで出会うなり、いきなり結婚の話をしてきた」(36歳/運輸・倉庫/その他)

狙いが定まるとまるで狩りのようにあからさまなアプローチを仕掛ける女性も。ガツガツしすぎる肉食系女子には、男性もタジタジです。

■パーティーに参加しまくる

・「パーティーに参加しまくっていると聞くと少し引きます、やりすぎなんじゃと思うので」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「お見合い→出会い系の居酒屋とはしごしていた。そこまで求めなくてもと思う」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「出会いがないと言ってやたらコンパを要求してくる人」(29歳/食品・飲料/営業職)

とにかく出会いを探さなきゃ、と婚活パーティーや合コンに参加しまくる女性。たくさん参加すること自体は悪いことではないですが、相手の男性には黙っておいたほうが無難です。

いかがでしたか? 婚活に夢中になるあまり、度が過ぎて逆に男性や出会いを遠ざけてしまうということのないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数109件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]