お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

生理痛のツラさを男性に伝える方法

ファナティック

女性でも生理痛を感じない人はいますが、生理痛がひどい人は言葉にするのも難しいほどの痛みに毎月悩まされていますよね。今回は「もし男性に生理痛の痛みを言葉で伝えるとしたら」ということで、女性たちに生理痛を表現してもらいました。

■お腹の中をトゲトゲのボールが転がる感じ

・「お腹の中でとげのあるボールがゆっくり動き回ってる感じ」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「お腹の中からハンマーで常にたたかれている感じ」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

・「お腹の中からボクサーに殴られているような痛み」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「膨らんだふぐみたいに全面針だらけのボールが体内で跳ねてる感じ」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「お腹の中に3キロの石が入っている感じ、と言う」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「お腹をナイフで刺されるのがずっと続く感じ」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

お腹の痛みをいろいろな言葉で表現する女性がいますが、どれも想像するだけでゾッとするような痛さです。これが毎月あるのかと思うと自分でも嫌になってしまいそうですね。

■痛みのせいで何をしても許されるような

・「社会性のある行動をすべて放棄して引きこもりしたくなる感じ」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「とにかく精神的にも肉体的にもつらい。自分ではどうにもならない。個人差があり、特に初日は放置していてほしい」(28歳/商社・卸/営業職)

とにかく痛くて何もしたくない、何もしなくても許してほしいと思うのが生理通の痛みだという女性も。自分ではどうしようもないだけに精神的にもツラいですよね。

■まとめ

女性たちが感じている生理通の痛みはかなり壮絶なモノのようです。こんな痛みを抱えながらも生理痛だからといって簡単に会社を休んだりできないのも事実。せめて、周囲の人には生理痛の痛みを少しでも理解してもらいたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数295件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]