お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

第6話 もしも2人が

僕は、廉に嫉妬している。
それは今に始まったことじゃない。
研修時代にも、希美と廉が仲良くしていると、
嫌な気分になっていた。

ただ、廉がやさしいのは希美にだけじゃなくて、
詩織にも、僕にも、同じようにやさしい。
いや馴れ馴れしいというべきか。

廉は人との距離が近しくて、
とにかく気軽に親しげに声をかけてくるうえに、
どちらかというとイケメンの部類だから、
それなりにモテるようだった。
そして、モテたことなんてない僕は、
少しだけ廉に引け目を感じている。
その引け目の分だけ、廉が苦手だ。

希美がもし廉のことを好きだったら――。
2人が付き合うようなことになったら――。
勝手にそんな想像を膨らませて、重い気分になっていく。

「ねぇ、新もそう思うでしょ」
突然、詩織に同意を求められて、我に返った。
なんの話かわからないけれど、「あー、うん」とうなずいてみる。

希美が僕を見て、目だけで笑った。
上の空だったことを見抜かれていたらしい。
希美が僕を見ていてくれた。
そんな小さなことが心を明るくした。

お役立ち情報[PR]