お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 オンナのボディ

もう、本当に最低オトコ! 生理中、彼の態度にゲンナリさせられた、ガッカリ体験談

生理中は何かとナーバスなもの。しかし、そんな女性の心の変化、体の変化に無理解な男性というのはいるもので、神経を逆なでするようなことを平気で言ってくる彼もいることでしょう。そこで今回は、世の女性たちに、生理中に彼にされてげんなりした態度について教えてもらいました。

■生理中の私は用無し!?

・「生理ということを伝えたら、デートをキャンセルされたこと」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「あからさまにエッチできなくていやな顔をする」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「いきなり機嫌がわるい」(31歳/その他/事務系専門職)

生理になってブルーな気持ちなのは女性の方なのに、生理中であることを告げると、不機嫌になってしまう男性っていますよね。エッチがしたかった気持ちも分かりますが、恋人の気持ちを考えるのであれば、労わりを感じさせる態度を取ってもらいたいものです。

■生理中だっていってるじゃん!

・「気にせず行為をしようとしたとき」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『妊娠しない時期なんだね!』と嬉しそうにいわれたとき」(28歳/ソフトウェア/技術職)


生理中の女性の体は非常にデリケート。刺激や負担を与えることはもっての外なのですが、それを知ってか知らずか、配慮の欠ける要求をしてくる男性も……。こういった男性とは、今後の付き合いを考え直した方が良いかもしれませんね。

■気づかいゼロ

・「辛さを分からずいつもと同じ扱いをされること」(32歳/金融・証券/営業職)

・「お腹がいたいのに、いろいろやってほしいことを言ってくる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「外に出たがり。こっちは動きたくないのに……」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「デートで外をたくさん歩かされる」(28歳/ソフトウェア/技術職)

「生理中」イコール「体しんどい」という方程式をまったく理解しておらず、平気でいつも通りの態度の男性もいます。理解している上でこのようなことをしているのなら、それも考え物ですね。

女性たちが彼からされた仕打ちの数々、いかがでしたか? 「え、よくこんな彼と付き合ってたね……」と驚いた人もいることでしょう。好きだから、多少のことを言われても許してしまうかもしれませんが、あまりに酷いことを言われたら、彼の考え方を改めさせるよりも、彼とサヨナラすることを考えた方が得策かもしれません……。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数148件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]