お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

マジでやめてくれ! 男子が本気でドン引きした女子からのアプローチ4選

ファナティック

ちょっと気になる男性がいるときに、少しでも気があることに気づいてほしくて、あれこれとアプローチをしてみた経験のある女性も多いはず。積極的にデートに誘ってみたり、メールを頻繁に送ってみたり……。やり方は人それぞれですが、場合によってはそんなアプローチを迷惑に思ってしまう男性もいるようです。そこで今回は、社会人男性に「ドン引きした女性からのアプローチ」を聞いてみました。

■酔った勢いでせまる

・「酔った勢い」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「飲み会で酔った勢いで(アプローチ)されたこと。酒の勢いは信用できないから」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

「時にはお酒の力を借りて積極的になるのもいいかも!」と思っても、相手のほうはあまりいい印象を持っていないケースがあるようです。酔った勢いは信用できないと感じる人もいるので、大事な気持ちを伝えるのはやはりシラフのときがいいみたい。

■連絡がしつこい

・「頻繁にメールが来る。平日の夜中でもよく来るし、内容が『何を食べたの』とか、『次の休日どうするの』とか、プライベートを全部聞きたがっていて引いた」(27歳/情報・IT/技術職)

・「面倒くさいからラインを既読スルーしているのに、やたらめったら自分の近況を報告してくる。それに返事をくれと言われても、いちいち返せるような内容じゃなくて鬱陶しい」(36歳/機械・精密機器/営業職)

好きな相手とのメールやラインなら気にならない内容でも、特に何とも思っていない人が相手だとうんざりしてしまうことも。自分を印象づけたいのはわかりますが、相手の反応をきちんと見てやり取りをすることが大切です。

■ボディタッチで誘惑

・「強烈なボディタッチに引いてしまった……」(26歳/農林・水産/技術職)

・「足とかにボディタッチをされると、鳥肌が立つ」(29歳/食品・飲料/営業職)

ボディタッチでコロッと落ちてしまう男性がいるのも事実ですが、気軽に触られたくなくて、余計に警戒心を持ってしまう男性も。また、「誰にでもボディタッチをするのかも」なんて疑いを持たれかねないので、過激なボディタッチはなるべく控えたほうがベターなようです。

■積極的すぎる

・「職場に来た。(場所などを)言ってないのに調べてきた」(25歳/情報・IT/技術職)

・「あまり話したことがないのに『食事行きませんか』としょっちゅう言われた」(28歳/情報・IT/技術職)

草食系の男性が多いので自分がぐいぐいリードするのも時には必要かもしれませんが、相手の見極めがとても重要。積極的すぎてドン引きされているかもしれません。

積極的なアプローチにちょっと戸惑ってしまった男性たちのエピソード、いかがでしたか? 女性もぐいぐい行かないとなかなか関係が進展しないなど、焦る気持ちもわかりますが、私たちが思っている以上に男性ってデリケートなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]