お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

【男性の願望】谷間を拝みたい! 男性が勝手に「女性の胸に期待している」5つのこと

夏になると薄着の女性が増え、その結果(というかなんというか)女性の胸を見つつ良からぬことを妄想する男性が増えます。今回は、男性が「女性の胸に期待している」5つのことに迫りたいと思います。さっそくご紹介しましょう!

■1:谷間を拝みたい

「胸といえば谷間ですよ。谷間を拝みたいです」(27歳・飲食)
こういうのを、もっと品良く言えば「愛の谷間で溺れたい」ということになるのかもしれません。サザンの歌の歌詞です。

■2:お世話になりたい

「もう、その胸であれやこれやしていただいて……いろんなふうにお世話になりたいです」(26歳・IT)
男性って、お世話になりたいと思っても、お世話をしてあげたいとは、あまり思わないのでしょうか。お世話をしたいとお思いの男性だっているはずですが……。

■3:水着になってもらいたい

「洋服の上から胸を見るなんて、まどろっこしいことじゃなくて、とにかく一緒に海に行って水着になってもらいたいです」(25歳・コンサル)
まあそういう季節ですしね……それに、SNS上の女性の水着の写真って、なにかと男の餌食になりがちですから、気をつけたほうがいいとお思いの女性は、対策をした方がいいのかもしれません。

■4:横から見せて!

「女性の胸って、正面からではなく横から見たほうがステキに見えるので、横から見たいです。横から見ると、かなりいろんな妄想が楽しめます」(25歳・コンビニ)
トップとアンダーの差に男子は萌えるわけですから、差は横から見たほうが確認しやすいのかもしれません。

■5:2センチずらしてくれたらいいのに!

「あと2センチ洋服をずらしてくれたらアレが見えるのに! という女子の洋服って、ありますよね。あれはタマランです。ああしてこうして、で、ずらして、で、脱がして……みたいな妄想がいくらでも楽しめます」(26歳・運輸)
胸元がキワどい女性の洋服を作っている洋服メーカーは、男子のこういう妄想を想定の範囲内として、胸元パックリの洋服を作っているのでしょうか?

いかがでしたか?
かなりくだらないといえばくだらない証言が5つ出揃いました。
ただし、恋は男性の妄想から始まることもあるので、今夏、彼氏がほしい女性は、お胸にいっぱいいろんなものを詰めるといいでしょうし、イヤな男性に妄想などされたくない女性は、しっかりとガードして汗を流すといいのではないかと思います。
それにしても暑くなりましたね……。

(ひとみしょう)

お役立ち情報[PR]