お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

便秘中はオナラとの戦い!? “腸”はずかし~い「便秘アクシデント」8連発!

ファナティック

便秘中はオナラとの戦い!?便秘の問題は便が出ない不快感だけではありません。停滞した便は日常生活においてさまざまな悪影響を及ぼします。ときとしてそれは恥ずかしい思いをしたり、他人に迷惑をかけてしまうことさえあるのです。思い出したくもない便秘が引き起こした出来事を、社会人の女性に聞いてみました。

■便秘がこんなに具合悪いなんて!

・「頭痛と吐き気で3日間悩まされた」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「便秘を我慢し続けていたせいで、電車の混雑で気持ち悪くなってしまった。身体がだるく、気持ち悪い感じ。夏場で冷房もかかっていたので、身体が冷えて余計に腹痛も激しかった」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

たかが便秘と思うべからず。便秘がもたらす身体的な症状は、おなかの膨張や肌荒れだけではありません。必要ないものを体内にため込んでいるために、吐き気や頭痛など、さまざまな症状に悩んでいる人も多いようです。

■便秘が旅行の邪魔をする

・「旅先で便秘になり下剤を使ったらショッピング中に何度もトイレに行く羽目になった……」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「アンコールワットに行ったとき、便意を催したが朝日が昇る瞬間を見逃したくなくて我慢した。絶景に感動したが、トイレのことばかり考えて大変だった」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

毎朝すっきり快便なら、旅行も存分に楽しめるのに……。旅行のときは、普段は快便な人でも急激な環境の変化で便秘気味になりますよね。スケジュールをこなすことで精いっぱいになって、トイレに行く時間を我慢したりトイレに行く時間がなかったりないように、時間に余裕を持ったプランを考えたいですね。

■どうか自分だと気づかないで

・「おならが強烈に臭くなったことがあった」(30歳/電機/事務系専門職)

・「修学旅行中、便秘になりおならとの戦いだった」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

おならにニオイがついていなければいいのに……そう思ったことがある人は多いでしょう。あの独特のガス臭のせいで、たとえ音を立てずにおならができても、ニオイで自分だと気づかれてしまう。そのときの恥ずかしさは言うまでもありません。

■急にやってくる便意に注意

・「前日の夕方に下剤を飲んだら、翌日の昼間忘れたころに便意に襲われ出掛けている最中で死にそうだった」(32歳/金融・証券/営業職)

・「便秘のせいで全然出ていなくて、デート中に便意をもよおし、我慢した」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

下剤を飲んだときのコントロールはもちろんですが、便秘は「便が出にくい」だけで「便が出ない」ものではありません。普段から決まった時間に排便できないために、ここぞという大事なときに便意をもよおしてしまいます。いざというときのために、うまい言い訳を考えておきましょう。

便秘は、症状の軽さや恥ずかしさから、適切な治療を受けずに手遅れになるケースもあります。これくらいはまだ大丈夫だろうという自己判断は禁物です。笑えるような失敗談で済むならまだしも、場合によっては身体に重篤な影響を及ぼすこともあります。自分の症状に合った解消法で、便秘がもたらすさまざまなハプニングとおさらばしましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数172件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]