お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ビューティ

男性に聞く! 「家事ができない女性」との結婚は考えられる? 約7割の回答は……

ファナティック

実家にいると家事がまったくできなくても、大きな問題なく暮らすことができます。自分以外の誰かが家事をしてくれることで、家事をする必要性がない環境が長く続くと、家事ができない、やったことがないという事態にもなりかねません。そんな「家事がまったくできない女性」を、男性はどう見ているのでしょうか? 社会人男性に、アンケートでこんな質問をしてみました。

Q.あなたは、「家事がまったくできない女性」との結婚は考えられる?

考えられない……74.8%
考えられる……25.2%

<「考えられない」と回答した男性意見>

■結婚する意味が見出せない

・「それならひとりでいい。家事の分担を結婚に求めるから」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「結婚のメリットが見出せない」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

■自分の負担が増える

・「自分は家事が得意でないので、やる人がいなくなる」(29歳/不動産/その他)

・「自分もやるつもりだが、まったくできない人だと、自分がやるはめになるから」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

一緒に生活をするなら、家事分担をしたいと思う男性は多いよう。2人で力を合わせて生活していくのが結婚なのに、片方の負担だけが増えてしまうのは理想的な結婚とは言えません。家事ができないとなると、自分にばかり負担がかかってしまう。それなら、ひとりでいたほうがいいと思うみたいですね。

<「考えられる」と回答した男性意見>

■役割分担をちゃんと考えればOK

・「自分に苦手なものもあるのでちょっと苦しいが、自分が家事を担当してもまったく無理ということもなさそうだから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「自分が家事をするか、2人で話し合ってできるように努力すればいい」(30歳/人材派遣・人材紹介/その他)

■必要に迫られればできるようになる

・「一緒に生活するようになって必要性を感じるようになったら、するようになるだろうから」(28歳/自動車関連/技術職)

・「家事ができるようになる意志があるのであれば」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

家事は必ず女性がするものと限ったわけではありません。同じ家事でも、得意・不得意がある場合もあります。2人で役割分担をすることによって、問題は解決するという意見が寄せられました。また、実家にいるときはまったく家事をしなかったのに、ひとり暮らしをはじめたら家事をするようになったという人もいるように、必要に迫られればできないことはないという回答も。

<まとめ>

7割以上の男性が、家事がまったくできない女性との結婚は考えられないと回答する結果となりました。今家事ができない人も、将来のために、できることからやってみるクセをつけておいたほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数118件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]