お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

こんにゃろ! いい加減でてこいや~! 便秘女子の便秘女子による便秘解消テクニック♪

ファナティック

便秘女子の便秘女子による便秘解消テクニック♪多くの女性が悩む「便秘」。さまざまな便秘解消法がメディアやネットでも紹介されていますが、情報が多すぎてどれがいいのか悩みますよね。そこで働く女性のみなさんに、「実際に効果のあった便秘解消テクニック」を聞いてみました。

■食べ物で解消

・「ヨーグルトやヤクルトを摂取する」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「ヨーグルト・たまねぎ・バナナをとること」(22歳/小売店/販売職・サービス系)

・「乳酸菌ゼリーを毎日食べてます」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

普段の食生活に目を向けてみると、意外にも食物繊維や乳酸菌をとれていないと感じる人もいるでしょう。発酵食品や食物繊維が多く含まれる野菜や果物を積極的に食べることで、ある程度の改善が見込めます。

■適度な運動で解消

・「通勤時に階段を使うなどちょっとした運動」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「朝のジョギング。おなかの動きがよくなりトイレに行きたくなる」(27歳/電機/営業職)

体を動かすと、停滞していた腸も元気に活動し始めます。運動が苦手な人でも、一駅多く歩いたり、ゴロゴロしながら体をひねったり、できる範囲の運動を継続するといいでしょう。

■十分な水分補給で解消

・「起きたらすぐにコップ一杯のお水を飲むことです」(31歳/その他/その他)

・「水分を多くとり、便秘にきくハーブティーを飲む」(32歳/医療・福祉/専門職)

硬くなってしまった便に効果的なのがお水ですよね。トイレに行く回数は多くなるかもしれませんが、こまめに水分を補給して、便に働きかけましょう。

■マッサージで解消

・「おなかのマッサージをする。少し効果があるような気がする」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「腸のマッサージとかはたまにやる」(29歳/医療・福祉/専門職)

発酵食品や食物繊維など体内へのアプローチをしたのにイマイチ効果がない場合は直接おなかをもんでみるのも◎。正しいマッサージ法であれば腸の動きが活発になり、便意をもよおします。マッサージするために、朝は少し早く起きたり、夜寝る前に揉んだりする時間を作るといいかもしれませんね。

停滞していた便が出たときのすっきり感といったら、言葉では表現できないほどですよね。ため込んだ便は、さまざまな不調をきたします。無理のない範囲で便秘解消に取り組んで、ためこまないすっきりとした体を目指しましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数172件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]