お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妊娠・出産

ゲゲー、体重が戻るか心配! ぶっちゃけ、妊娠中にどのくらい体重が増加した?

妊娠中というのは、どうしても太りやすい期間。子どものためにカロリーは摂らなければなりませんが、摂り過ぎると脂肪が体に付き、出産が重くなってしまいます。また、妊婦さんのダイエットはなかなか酷なもの……。そう分かっていても、太るものは太ってしまうのです! そこで今回は世の妊婦さん経験者にこんな質問をしてみました。

Q.妊娠中、どのくらい体重が増加しましたか?

●1位「8~10キロ未満」…33.3%
○2位「6~8キロ未満」……17.5%
●3位「10~12キロ未満」……14.3%
○4位「2~4キロ未満」……11.1%
●同率4位「4~6キロ未満」……11.1%
○6位「12~14キロ未満」……9.5%
●7位「0~2キロ未満」……1.6%
○同率7位「14~16キロ未満」……1.6%

一つの命が体に宿るのですから、体重が増加するのは致し方のないことです。しかし、増えすぎるとまた困ったことに……では、次に、体重が増えたことにより、困ったことを教えてもらいましょう。

■1位「8~10キロ未満」

・「自宅の床に座れなくなったこと。食器を洗うときにお腹がつかえて洗いづらかったこと」(35歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「体重増加に厳しい病院で、菓子パンを食べるなと言われたこと」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「急に増えると病院から怒られるので、じわじわ増えるよう努力するのが大変だった」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「後期になるに連れて赤ちゃんも大きくなるので、健診の際に体重増加が激しくなり注意された」(36歳/情報・IT/販売職・サービス系)

体重がいきなり増えすぎると、大体の医師はそれを注意します。自分一人の身ならば苦しいダイエットも可能ですが、赤ちゃんがお腹にいる際は、赤ちゃんのことを気づかったダイエットをしなければなりません。それがなかなか大変なんですよね……。

■2位「6~8キロ未満」

・「家がアパートの4階だったので、階段の昇り降りが日に日にキツくなっていったこと」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「体重が戻るか心配になった」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「体が重たくて動きづらかった」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「体が重くていうことをきかない」(30歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

「そこまで重くはなっていない、はず!」と思っても、やはり5キロ以上急激に体が重くなると、体もいろいろな不具合を訴えます。出産が済めばもとに戻る可能性は高いですが、「もしこのままだったらどうしよう……」とちょっと怖くなりますよね。

■3位「10~12キロ未満」

・「食欲が収まらないこと」(35歳/ソフトウェア/技術職)

・「5カ月ごろ急激に増えた。むくみがひどくて、しょっぱいものを食べるとてきめんに体重が増えた。夏だったので、水分は取らないといけないしで悩んだ」(36歳/自動車関連/事務系専門職)

・「お腹で足元がよく見えない。靴下をはくのがつらかった」(26歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「そんなに食べてないのに太る」(35歳/その他/クリエイティブ職)

二桁を越えると、目に見えて「太ったな……」と分かるはず。臨月であったとしても赤ちゃんプラスアルファな体重ですからね……。産後のダイエットがちょっと大変そうです。

妊娠中は、人によってベストな体重がいろいろあります。しかし、痩せすぎ、太り過ぎは、妊婦さん本人の体にも、お腹の中の赤ちゃんにも決して良いものではありません。「赤ちゃんのためだもん」という免罪符で食べる過ぎることなく、適度に運動をして、すんなりと出産できるように、体を作りましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数63件(22~38歳の働く女性)