お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

容姿に自信が「ない」女子は6割! コンプレックスをカバーするために努力していることって?

ファナティック

「キレイな子だな~」と思っていても、他人からはわからない意外なコンプレックスを持っていたりして驚くことってありませんか? 美人でも自信がない人もいますよね。今回は働く女性に、自分の容姿で自信がないところについて聞きました。

 

Q.あなたは自分の容姿に自信がありますか?

「ある」37.3%
「ない」62.7%

「ない」人が6割超という結果に。続いて、自信のないところと、自信をつけるために努力していることを聞きました。

<どんなところに自信がないですか?>

■目が小さく見える

・「目が小さいところ。よく笑ったり、楽しそうにすることで愛嬌は忘れないようにしている」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「目が一重。アイプチなどのお化粧で頑張っている」(22歳/農林・水産/営業職)

目が小さくてもクルクルと表情が変わる女性はかわいらしさを感じさせます。

■顔が気に入らない

・「顔の形と口の形、薄い唇が好きではない。口角を上げて笑顔で、色のついた口紅を塗って存在感を出すようにしている」(33歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

メイクは女子の味方です。

■全体的に……

・「全体的に自信がない。勉強したりしてスキルを磨くようにしたりしている」(32歳/不動産/専門職)

自信がないからと言って、それを言い訳にしないで努力する姿はステキです。

<何のためにどんな努力をしているか>

■何はなくともスキンケア!

・「女として見てもらえるようにスキンケアには時間もお金もかけてます」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「肌をキレイに保つことで、実年齢より若く見られ、年下の彼といても釣り合うと思うから」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

女性のきめ細やかな肌が好きな男性は多いですよね。たとえパーツの形が気に入らなくても、肌がキレイだと“七難”隠せるかも。

■スタイルの研究

・「引き締まって見えるよう、姿勢には気を付けている」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「少しでもスタイルがよく見えるように、自分に似合う髪形や服を日夜研究したりしている」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

背筋を伸ばだけでスタイルよく見えるもの。自分に似合う髪形や服の研究も大事です。

■顔の形やメイクに気配りを

・「小顔マッサージに行く」(27歳/情報・IT/技術職)

・「化粧が嫌いだけれど、コスメとか見て勉強する」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

顔は理想に近づける工夫をしやすい部分ですので、研究しがいがありそうです。

自信がなくても、それを言い訳にしないで努力する姿は見ていても応援したくなりますよね。自信がないからこそ、魅力たっぷりになれるチャンスに恵まれていると言えるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数126件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]