お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

「鏡よ鏡……」ってコレ私!? 街でガラスに映った自分を見て凍りついた瞬間5選

ファナティック

ふとお店のショーウインドーや電車の窓に映った自分の顔や姿を見て「ギョッ」となったことってないですか? 鏡で自分の姿を見るときは、無意識のうちに“キメ顔”を作ってしまうものなので、予想もしなかった自分の姿に驚いたという経験はあるのでは? 今回は働く女性にふと鏡に映った自分を見て驚いたエピソードについて聞きました。

 Q.外出先のショーウインドーやオフィスの鏡(ガラス)に映った自分を見て、二重あごがひどかったなど自分の姿に驚いたことはありますか?

「ある」31.8%
「ない」68.2%

「ある」と答えた女性は、31.8%。意外に少ない……? エピソードを詳しく見てみましょう。

■目が死んでる!

・「ガラス窓に映った自分をふと見たら、目が死んでいた」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「電車の窓に映る自分が目のクマがひどくて疲れきっていて驚いた」(33歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

目の下にクマがあると老けて見えますよね。通勤帰りの電車だったらなおさら、疲れているのは仕方がありません。

■こんなに太ってた?

・「二の腕がやばい」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「ベルトの上に乗ったお肉がシャツのラインに丸見えだったこと」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「脚が太すぎてびっくりした」(31歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

全身を映す機会はなかなかないもので、自分のスタイルを見てがく然とする人も。他人には普段から太って見えていたなんて恥ずかしいですよね。「体ごと、穴に入りたい!」という心境でしょうか。

■老けてる!

・「電車のガラスにほうれい線が目立つ自分が映ったとき」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「オール明けの顔が老けこんでいた」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「気を抜いている瞬間に自分を見ると、おばちゃんでびっくりする」(33歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

ライトのせいでしょうか? 妙に老けこんで見えるときってありますよね。

■姿勢が悪い!

・「あまりにも猫背で驚いた。背中を伸ばして歩くことを心がけようと思った」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

電車で座っているときもつい猫背になってしまっていることってありますよね。

■髪が乱れてる!

・「髪が傷んでいてプロレスラーに見えた」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「髪がボサボサ」(29歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「髪がボサボサで美人に見えない」(32歳/不動産/事務系専門職)

髪の乱れって意外に目立つんですね。

自分の姿に驚くなんてちょっと悲しいですが、モデルや女優のように、常に見られているという意識を持つだけでちがうのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数126件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]