お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋され白美肌の作り方

キスしようとしたら……! 男性が、彼女のガサガサ肌にドン引きした経験4つ

ファナティック

乾燥肌に悩むのは冬だけじゃない! 乾燥肌の女性にとって、エアコンなどの外的影響などもある夏も何かと悩みの多い季節……。そこで夏場に彼女の肌がガサガサしていて、ちょっと引いてしまったというエピソードを社会人男性に聞いてみました。

■スキンシップのときに、ガサガサが判明!

・「肌に触れたらガサガサで、ちょっとショック」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「肌をなでなでしようと思ったら、思っていたよりもざらざらしていた」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

スキンシップするときは、肌状態が彼氏にバレてしまう一番危険なとき。実際に彼女の肌に触れてガサガサ・ざらざらでショックを受けた……なんて男性もいました。夏場のお泊まりデートにも保湿アイテムがないと心配かも。

■唇がガサガサだとキスが……

・「唇がガサガサだとリップを塗ってあげたくなる」(34歳/情報・IT/技術職)

・「唇がひどくてキスしたくなくなった」(31歳/電機/技術職)

キスのときに、唇のガサガサに気づいたという男性も。キスしたくない! と引いてしまう男性もいれば、リップを塗ってあげたい! とかわいそうに思う人も。冬場だけでなく、夏のデートもリップをお忘れなく!

■ひざがカサカサだった

・「ひざ。見たときに肌ががさついていた」(32歳/電機/技術職)

ひじ・ひざ・かかとも冬に続き、夏場も乾燥に気をつけたい部分。ミニスカートやショートパンツなど、夏に露出が多いファッションをしがちなら、ムダ毛チェックだけじゃなくカサカサ・チェックもしておきましょう。

■日焼け後のパリパリ肌は引いてしまう!

・「焼けたあとにパリパリになってしまっていたとき」(29歳/医療・福祉/専門職)

焼きすぎた肌は皮がめくれたり、肌が赤くなっていたりして見ていて痛々しいもの。こんがりした、パリパリな日焼け肌に引いてしまう男性は多いようです。

小麦色に焼いた肌は見ていて健康的ですが、一歩間違えると彼氏が引いてしまう痛々しい肌に……。また夏場は水分が蒸発しやすく肌が乾燥しがちなため、彼氏が肌コンディションの悪さに気づくこともあるよう。冬だけでなく、ぜひ夏も乾燥に気をつけてくださいね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数121件。22歳~39歳の社会人男性)