お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

恥ずかしいから、やめて! 男性がドン引きした、お祭りデートでの彼女の行動4つ

ファナティック

そろそろ夏祭りのシーズンが近づいてきましたが、浴衣を着てお祭りデートするのを楽しみにしているという女性も多いのでは? 子どものころからお祭りと聞くとなんとなくウキウキしてしまいますが、お祭りで子どものようにはしゃぎすぎると男性をドン引きさせてしまうことも。今回は、お祭りで彼をドン引きさせた彼女の行動について聞いてみました。

ノリが良すぎてもドン引き

・「夜店のくじ引きで当たりが出ないのにムキになって五千円ぐらいくじを引いたこと」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

お祭りの屋台で買い食いしたりゲームしたりというのは大人になっても楽しいもの。でも、必死でくじ引きの当たりを引こうとして散財している姿を彼に見られるのは、あまりにも大人げない。そんなところで無駄遣いする女性なんだなと彼に思わせてしまうと後々のお付き合いにも悪い影響が出そうです。

ノリが悪い彼女にテンションが下がった

・「出店の食べ物をホコリりかぶってそうという理由でまったく食べなくて、楽しみが半減した」(27歳/情報・IT/技術職)

彼が食べようとした屋台の食べ物を「ホコリをかぶってそう」と敬遠したら彼のテンションも一気に下がってしまいそう。屋台の食べ物がダメなら飲み物などを買ってごまかすという方法もありますが、食べない理由をあまりにも正直に彼に伝える必要はないかも。自分の考えを彼に押し付ける必要はないですもんね。

浴衣で張り切って来たのはいいけど……

・「近所のお祭りなのに本格的な浴衣に髪型をしてきたから」(32歳/電機/技術職)

近所のお祭りだと規模も小さくて、お祭りに来る人もどちらかといえば普段着ということが多いので、そこにビシッと決めた浴衣姿で現れると、いろいろな意味で目立ちそう。お祭りデートには浴衣を着て行って、彼に褒めてもらいたいという気持ちはわかりますが、気合いが入りすぎた浴衣姿だと一緒に歩く彼のほうも気後れしてしまうようです。

浴衣が着崩れていて恥ずかしい

・「はしゃぎすぎて浴衣が着崩れ」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

「浴衣デートで張り切ってます」という気持ちはわかるものの、着慣れていない浴衣がいつの間にか着崩れていたというのも女子としては恥ずかしいこと。彼にしても会ったときはかわいく浴衣を着こなしていた彼女が、いつの間にか着崩れた浴衣でだらしない姿になっていたらガッカリするのは当然ですよね。

まとめ

いつもとはちがうシチュエーションで彼も浮かれているのか、彼女が何かをしてもドン引きするほどではないのでしょうが、お祭りの楽しい気分を台無しにするような言動は、やっぱりNG。屋台のものを食べたくないのならお祭りの前に食事を済ませておいて「お腹がいっぱい」と断るなど、彼への気遣いも大事。いつもとちがった一面を見せたくて浴衣を着るのなら、着崩れにも気を使わないと彼が一緒に歩くのをためらうほど恥ずかしい姿になってしまいますよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数117件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE