お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男心をくすぐる! かわいい甘え方のコツ

ファナティック

男心をくすぐる上手な甘え方

03

これまで一般男性の意見を紹介してきましたが、今度は恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこさんに、男性への上手な甘え方や、甘えるのが苦手な女性にぴったりな甘え方について、専門家としての意見を聞いてみましょう。

付き合っていない男性に上手に甘える方法

にらさわ:甘えるとは、男性を「頼る」ということなので、頼られて嫌な気分になる男性そう多くありません。とはいえ、いきなりベタに甘えるのは難しいと思うので、まずは「お願いをする」ことから始めるのがおすすめです。

具体的には、気になる男性の得意分野で、自分が知らないことについて聞いてみる。例えば、「今、パソコンの買い替えで悩んでいるんだけど、何がおすすめだと思う?」とか、「腹筋を鍛えたいんだけど、何から始めるのがいいかな?」などです。そして、答えてもらったら、「ありがとう、また教えてね」と心からのお礼を言うことも大切です。

彼氏に上手に甘える方法

にらさわ:彼氏に対して甘え上手になるためには、日常的に、彼に「してもらう」習慣をつけるといいでしょう。「甘える」=「わがままを言う」と考えると荷が重くなるので、もっと簡単なことからどんどん彼に頼んでいきましょう。具体的には、「ペットボトルのふたを開けるときは彼にお願いする」とか、出掛けるときに「ここに行きたいんだけど、一緒に行けるかな」と彼に聞いてみるなどです。

習慣化すると、彼は、「俺がいないとダメだな」と感じ、自然とあなたを大切に思うようになります。また、「頼られる俺」という立場を自覚して自信を持つようになり、あなたなしでは楽しくないと思うようにもなるでしょう。

甘えるのが苦手でもできる甘え方

にらさわ:甘えることが苦手だと感じる女性は、まずは男性に何かを「相談してみる」とよいでしょう。男性は、相談されると自分に「それだけの器がある」と自覚して、自信を持つことができます。そして、きちんと答えられたら、自分が「やり遂げられたこと」に満足し、満足する機会を与えてくれたあなたに好感を持つのです。

だから、ことさらに、「お返しをしなきゃ」と思う必要はありません。お返しをすると、「借りを返した」というように受け取られ、彼の好意を台無しにしてしまう可能性があります。相談に乗ってもらったあとは、「ありがとう!」と満面の笑みでお礼を言って、「また相談させてね」と彼の仕事ぶりを評価しましょう。「頼り」「頼られる」関係は一方通行でよいのです。

次ページ:まとめ

SHARE