お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ヤダヤダヤダ! 男性たちがドン引きした「女性の食事マナー」3選

ファナティック

美味しい料理も一瞬で台なしにしてしまうのが、食事マナーの悪さ。一緒に食事に行った人の食事マナーが悪いと、恥ずかしさも感じてしまいます。今回は、男性のみなさんに「ドン引きした女性の食事マナー」について聞いてみました。

クチャクチャ音を立てないで!

・「咀嚼音を立てていた女性。外食をしたときに音がしたときは自分の耳を疑った」(31歳/商社・卸/営業職)

・「ご飯を食べるときに音を立てて食べる人が嫌い。育ちが悪いと思う」(33歳/情報・IT/技術職)

クチャクチャと音を立てながらものを食べる人って、一緒にいても不快な気分になりますよね。口の中に食べ物を入れたまま喋る人もいますが、そんなに慌てなくてもいいから、飲み込んでから喋って! と言いたくなりそうです。

食べ方がキレイじゃない

・「和食を食べていて、茶碗を持って口につけてかきこんで食べるのを見たとき。しっかりした人だと思っていたのに、ドン引きしました。教養のなさが見えたようで一気に好きじゃなくなりました」(30歳/学校・教育関連/営業職)

・「箸の持ち方が汚くて、どういう教育をされてきたのだろうと思った」(32歳/電力・ガス・石油/営業職)

箸使いや食べ方も、男性はしっかり見ているようです。幼いころ、親に注意されなかったのかな? と思ってしまうみたい。

注文したものを食べ残す

・「ひと口食べただけですぐに残すのに、いろいろな種類を注文」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「注文をするが食べきることができない」(28歳/医療・福祉/専門職)

食べきれないことがわかっているのに大量に注文するのは、外食時のマナーとしてはあまり好印象ではないですよね。お店の人に対しても一緒に食事に行っている人に対しても何となく自分勝手な印象をあたえてしまうかもしれません。

食事マナーの悪さは、男性をドン引きさせてしまうだけでなく、好きという気持ちも一瞬で萎えさせてしまうほど重要なポイント。周囲の人を不快にさせないくらいのマナーを身につけておくのは、大人の女性としてのたしなみですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年2月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳〜39歳の社会人男性)

※この記事は2015年04月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE