お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うわっ、ドン引き! 男性が「キスしようと思ったのに気持ちが萎えてしまった瞬間」4選

ファナティック

ドキドキしながら彼女にキスをしようと迫ってはみたものの彼女の○○が気になって気持ちが萎えてしまった……、そんな経験のある男性たちって意外に多いようです。今回は、男性たちに「キスをしようと思ったのに、気持ちが萎えてしまった瞬間」について聞いてみました。

■ふんわり口ひげが

・「口ひげが見えて萎えてしまった。男っぽく見えた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ムダ毛が見えたときに少し気分が落ち込んだ」(28歳/金融・証券/専門職)

唇の上に産毛が生えていると口ひげのように見えてしまって彼の気分もダウン。メイクするときにしっかり産毛も処理しておきましょうね。

■唇がガサガサ、ベタベタ

・「唇がガサガサだった」(26歳/農林・水産/技術職)

・「グロスがベタベタだったとき」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

潤い不足でガサガサな唇もグロスでベタベタな唇も男性には不評。ぷるんとした自然なつやのある唇を目指してお手入れを欠かさないようにしたいですね。

■口臭がきつかった

・「口臭がきつくて萎えてしまった」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「食後すぐにすることになったとき。食った直後はその気にならない」(31歳/商社・卸/営業職)

・「タバコのニオイがする」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

食事のすぐあとにキスをしようとしたらニオイが気になってしまったという男性も。タバコのニオイなども含めて、口臭予防にはいつでも気をつけておきたいものです。

■何となく避けられたとき

・「彼女が悲しそうな目をしていたとき。昔の彼を思い出したようで、拒否されました」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「少し避ける感じがある」(31歳/食品・飲料/技術職)

元カレのことを思い出したのか、まだ彼とキスする決心がつかないのか、何となく避けるようなそぶりをされて萎えてしまったという男性もいるようです。彼を傷つけないためにもキスの直前に避けるのはやめてあげたほうがいいかもしれませんね。

キスをしようと行動を起こすのは彼にとっても「断られたらどうしよう」とドキドキしながらしていること。せっかく勇気を出したのに唇の手入れを怠っていたり、口臭がしたりで彼を萎えさせてしまうのは女性としても残念。キスの予感がするときは、万全のチェックをしておきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年3月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年04月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE