お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

なんじゃそりゃ!? 男性がドン引きした「彼女のいびきや寝言」

ファナティック

彼氏と一緒に寝ていて、ふと自分が大口を開けて寝ていたことに気づいたとき……。もしかしていびきや寝言を言って、彼氏をドン引きさせていたかも!? とヒヤヒヤしますよね。今回は、社会人男性に、「彼女のいびきや寝言にドン引きした経験」について聞いてみました。

■恐怖の寝言にドン引き

・「キャ~キャ~みたいな悲鳴をあげていた」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「誰かと戦っているような寝言は、かなり汚い言葉だったのでドン引きした」(33歳/機械・精密機器/技術職)

寝ていたら、怖い夢を見ることもよくあります。そんなときについ出してしまう寝言は、彼氏をドン引きさせることがあるよう。たしかに女性の悲鳴って夜に聞くと怖いですよね。また、普段の口調とはまったくちがうような言葉遣いにドン引きしたという男性も。

■いびきにドン引き

・「いびき。疲れすぎていたのはわかるが、うるさかった」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「おっさんみたいないびきをかいていた」(26歳/農林・水産/技術職)

・「前に付き合っていた彼女がいびきや歯ぎしりをして少し引いてしまった」(30歳/情報・IT/技術職)

寝起きに彼氏から「昨日は疲れていたの?」や「いびきがうるさかった」と言われたらショックですよね。「私、いびきがうるさいかも……」と気になる人は、横向きで寝たり、口呼吸ではなく鼻呼吸を意識するようにして、いびき解消にチャレンジしてみて。

■寝言とは少しちがいますが……

・「彼女が歯ぎしりをしていてドン引きした」(33歳/情報・IT/技術職)

・「歯ぎしりにビックリしたことがあります」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

隣で何か音がする……と思ったら、彼女の歯ぎしりだった! という人も。いびきや寝言とは少しちがいますが、これも驚いてしまいますよね。

■どういう関係?

・「寝言でちがう男性の名前を叫んでいた」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

こんなことを言われたら、気になって、眠れなくなりそう! という寝言を聞いてしまったという男性も。意識して言っているわけではないので制御は不可能ですが、なるべくならこんな寝言で、彼氏の心をざわざわさせたくないものです。

寝言やいびきは意識してどうにかなるものではないですが、なるべくなら彼氏に聞かせたくはないですよね。ストレスなど、日々の習慣で寝言が出たり、いびきをかくことも多いそうなので、ぜひゆとりを持った生活で、ぐっすりと眠れるようにしたいものです!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年1月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年03月26日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE