お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

布団に入ってから14分以上寝つけないと体に悪い

いつも布団に入ってから、どのくらいで眠りにつけていますか? 専門家によると、眠る前にゴロゴロと寝返りを打っている時間が長いと高血圧や心臓病など病気のリスクがあがるそうです。

【不眠症はあなたのデート運を下げる-米研究結果】

不眠症というのが、どの年代でも多く見られる睡眠障害の一つですが、一般的には全体約の25~30パーセントの人がすぐに寝つけないという問題を抱えており、うち10パーセントは慢性的な症状があり、不眠症で医師の診察を受けているようです。

今回の調査によると、横になってから、「14分以内に眠れる人」と「眠るのに14分以上かかる人」という2つのグループに半分ずつに分かれました。なかでも、後者のグループの人たちには「過覚醒」の症状があると考えられています。

過覚醒とは、強いストレスと受けたときの緊張状態が、ストレスがなくなった後も続く状態のことで、睡眠障害などの症状をともなうものです。

さらに、寝つくまでに17分以上かかる人は、高血圧に悩まされる可能性が、なんと400%もあがってしまうという驚きの結果も出ています。不眠症の人は、日中に疲労感や倦怠感に襲われることがありますが、過度のカフェインはさらに不眠症の症状を悪くしてしまうので、摂取しすぎないように気を付ける必要があります。

まずはリラックスしてより早く寝つけるように、自分なりに工夫してみましょう。それでも、寝つけない症状が続くようなら、専門家に相談をしてみるのをおすすめします。

参考:
Take longer than 14 minutes to get to sleep? Then it’s bad news for you
http://metro.co.uk/2015/01/27/take-longer-than-14-minutes-to-get-to-sleep-then-its-bad-news-for-you-5037670/

お役立ち情報[PR]