お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

気分も萎える大人ニキビ! 早く治すためには、どんな対処が正解?

Doctors Me

鏡を見る女性■ニキビを素早く改善する5つの方法

○清潔にする

毛穴に汚れが詰まり炎症が起きることでニキビが発症するので、改善にはなんといっても肌を清潔にキープしておくことがなによりも大切です。予防のためにも、以下のことは必ず守るようにしましょう。

・メイクはすぐに落とす
・洗顔の際は、手も清潔に洗う
・枕のカバーや布団はこまめに、清潔なものに取り替える
・ファンデーションのパフやメイクブラシも清潔に保つ

毎日肌に触れるものですから、パフやブラシには皮脂が付着し、そこからニキビへ雑菌が侵入する元となります。

・ニキビには触れない、潰さない

触ると、改善されるどころか悪化するだけです。潰すのは跡になるので絶対にやめましょう。

○ニキビに効く、3大栄養素を摂取

ビタミンB群(牛乳・卵・肉・レバーなど)を、中心にバランスよくとりましょう。

・ビタミンB2

皮脂の分泌を抑制する役割を果たす栄養素で、これが欠乏すると皮脂過剰の原因になります

・ビタミンB6

タンパク質の代謝を促して新しいヒフを作る手助けをします

・ビタミンC

コラーゲンの生成と保持を助ける栄養素です。また、シミやニキビ跡のもとになるメラニン色素の生成を抑制したり、強力な抗酸化作用で免疫力を高めたりする作用もあります。

<ニキビ対策、おすすめフード>

・鶏の水炊きや魚介を中心とした鍋もの
・いり鶏やきんぴらごぼう
・焼き魚

タンパク源としては、皮脂の分泌を増やさないように牛や豚よりは鶏肉や魚、大豆製品をチョイス。また、洋食よりも低カロリーかつ、低脂肪の和食がベター。食事で補うのが難しい栄養素は、サプリメントを利用して。

○肌再生のゴールデンタイムに眠る

ニキビ予防や美肌のためには、肌の生まれ変わりが最も活発になる、午後10時〜午前2時のゴールデンタイムに眠っていることが、どんなに高い化粧品や美容液を使うよりも肌にいいといわれています。無理をしてでも早く寝ることが重要です。

○洗いすぎは禁物

ニキビができたとき、皮脂を落とし切ろうと何度も洗顔するのはNG。ニキビの原因は皮脂ですが、逆に、皮脂が少なすぎると乾燥をまねき、皮脂の過剰分泌に繋がり、他の肌トラブルを引き起こすことがあります。

○厚化粧にも注意

ニキビができたとき、ファンデーションやコンシーラーで隠してしまっていませんか?  隠したい気持ちもわかりますが、少しでも早く治したいのであればしない方がよいでしょう。ファンデーションの成分がニキビを悪化させ、塗る行為自体がニキビの刺激になってしまうことがあります。もしどうしても使いたい場合は、リキッドタイプではなく、比較的ニキビを悪化させにくいパウダータイプを選びましょう。

上記を意識しても治癒せず、長引く場合は、皮膚科での相談、治療をおすすめします。

(34歳女性医師/Doctors Me)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]