お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

生理で椅子を汚したことがある女子は30.5%! 対処法は?

生理2日目、なかなかトイレに行けなくて我慢して座っていたら、なんだかお尻にウエットな感触が……。まさか、経血で椅子を汚しちゃった!? と焦った経験はありませんか公共の場ならなおさら、妙に心拍が速くなるあの瞬間はできれば味わいたくないものです。みんなはドキッとしたあの瞬間、どう対処しているのでしょう。

Q.生理中に椅子を汚してしまったことはある?

はい 30.5%
いいえ 69.5%

およそ3割の女性が、椅子を汚してしまった経験があるようです。

■ウエットティッシュの効果はいかほどか

・「ほとんど気にならない程度だったので、ウェットティッシュで拭いたら綺麗になった」(31歳/不動産/専門職)

・「何食わぬ顔で濡れティッシュでふきましたが完全には取れず、今でも汚れたままです」(27歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)

軽い汚れならウエットティッシュでも十分に対応可能ですが、しみ込んだ汚れはなかなか取れません。「あれっ?」と思ったら即確認した方がいいですね。

■汚れ落としのプロ?

・「タオルを敷いて隠した。その後、ファブリーズをかけて浮かして拭きとった」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「オキシドールで大半落として、食器用洗剤で仕上げた」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

汚れ落としに対する知識がある人は、こんなときに役に立ちます。経血は鉄分を含んでいるので、なかなかやっかいな汚れです。

■リスクは未然に防ぐ

・「ビニールの椅子だったので拭いてトイレに行った」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「木の椅子だったので、ぬらしたティッシュで拭き取った」(31歳/情報・IT/技術職)

生理中は可能な限り、革張りやビニール張りや木材などの椅子を選び、布張りの椅子を避けた方が無難です。さらに予防線を張るなら、色の濃い椅子を選びましょう。

■心強い協力者の存在

・「まわりの同僚(女性)に応援を頼んで、椅子を取り換えつつ服を着替えた」(28歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「まわりの女性が協力してくれて、タオルをかけてお手洗いまで運び、みんなでシミ抜きしてくれた」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

男性にはあまり知られたくないことだからこそ、女性の協力者の存在も必要です。うまくごまかしてくれたり、対処を手伝ってくれたり、ありがたいですね。

<まとめ>

気を付けていても、急に経血の量が増えたときなど、対応しきれないときがあります。こまめにトイレに行ってナプキンを取り換えるのはもちろんのこと、心配な日はタンポンを併用するなど工夫しましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数275件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]