お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

冬の保湿対策! 美容マスクの正しい使い方

Doctors Me

健康的な女性

夜、寝る前に使えば翌朝のお肌はツルツルというスペシャルケアの美容マスク。空気が乾燥しお肌へのダメージが大きいこの時期は手放せない!  という方も多いのではないでしょうか。そんな美容マスクの、効果を最大限に引きだす正しい使い方を紹介します。

【気がついたら、黒いポツポツがたくさん。毛穴の黒ずみ、解消できる?】

■化粧水で保湿してから使いましょう

美容マスクの主原料は保湿より美容成分がメイン。そのため十分な保湿効果を望めませんので、マスクを使う前は、化粧水を含ませたコットンでパッティングをして十分保湿をしてください。潤い不足の肌ではせっかくの美容成分もうまく浸透していきません。

■美容マスクとの相乗効果でクマ、たるみもスッキリ

美容マスクには、化粧水の成分を肌に染みこませる効果があるので、シミなどが気になる部分には、先に美白美容液を塗ってからマスクを使いましょう。蓋の役割をして、美白成分をじっくり浸透させることができます。ハリやくすみが気になる目の周りには、アイクリームを厚めに塗ってから美容マスクをするのも効果的です。

■使用時間は厳守

美容マスクが乾くまでのせたまま放置していると、肌が乾燥して逆効果です。 使用時間をきちんと守って、美容マスクが乾き始める前に外すようにしましょう。 大抵のマスクは10〜15分程度が目安です。 使用後のマスクはパッティングに!

■温めて浸透力アップ!

美容マスクは温めると浸透力がアップします。おすすめなのは、個別包装のパックを湯船に入れておく方法。これなら入浴後、忘れずに使うことができます。ただし、ビタミンC配合の場合、温めることでその成分が壊されてまこともあるので、温めないほうがよいでしょう。

(34歳女性医師/Doctors Me)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]