お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

食用油はどうして重さで表示するの?「植物油と動物油」

家で料理をほとんどしない一人暮らし男性であっても、食用油は置いてあるのではないでしょうか。今回はその食用油に関する雑学をご紹介します。何気なく使っている油にも、いろいろと知らないことがあるものですよ。

■油は何故グラム表示なの?

スーパーの食用油の棚の前で、どの商品がお得なのか考えるにあたり、内容量を確認することがあることでしょう。その際、食用油が「ml」や「cc」といった体積表示ではなく、「g」という重さ表示であることに気づくかもしれません。

ソースやドレッシングでは体積表示なのに、食用油は何故重さ表示なのでしょうか。

これは、油の性質に原因があります。油は、水に比べて温度が高くなると体積がかなり膨張するという性質があります。そのため、暑いところで販売されるものと、寒いところで販売されるものでは、買える重さに差が出てしまうのです。

昔から油商人は、お客さんに売るときには升など体積で計っても、業者同士の取引ではキッチリと重さで量っていたそうです。

■「油」の起源

日本では、縄文時代頃からごまやエゴマの栽培を行っており、大化の改新の頃にはすでに、税金の代わりに油を納めていたそうです。それから菜種油の製造も盛んになっていき、奈良時代には食用に使われるようになりました。

当時は主に油で揚げるという中華料理のような使い方をしていたようです。それから時代が過ぎ、明治時代に西洋文化と共に西洋の調理法が広まり、一般市民も食用油を使うようになったそうです。

■植物油と動物油

現在の食用油は、家庭用としてはほとんどが植物油です。サラダ油や菜種油、ごま油やオリーブオイルが定番です。これらは常温で液体状のため、使い勝手が良く、しかも口当たりもしつこくないため、好まれています。最近では廃油を精製してバイオディーゼル燃料として、自動車の燃料となっています。

反対に業務用では、ラード(豚脂)やヘット(牛脂)などの動物油もよく使われています。特にトンカツなどの揚げ物ではカラリと揚げつつコクが出るラードを使うことが多いようです。

何気なく使っている油ですが、技術の発達に伴い、いろいろな使い方をされるようになってきました。今度お店で食用油を買うときには、重さ表示されていることにも注目してみてください。

お役立ち情報[PR]