お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 わたしのカラダ

働く女子に聞いた! 妊娠以外の理由で生理が止まったことはある?⇒36.7%「ある」

そろそろ生理が来てもいいころなのに、なぜかその気配もなく、心配になったことはありませんか? いつも生理不順な人でも、やはり極端に生理が遅れると不安になります。ストレスの多い現代社会で生活していれば、生理が止まるということもあるかもしれません。そんなエピソードを聞いてみました。

Q.これまでに妊娠以外の理由で生理が止まったことはありますか?

ある 36.7%
ない 63.3%

意外にも生理が止まった経験がある人は多いようです。その理由は何だったのでしょう?

■ストレスは大敵

・「大学の卒業がかかった卒論で、提出するまで止まった。提出して1時間後に緊張がほぐれて、月経になったので特に対処はしなかった」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「夜勤専従になったら生理が1カ月来なかった。妊娠の可能性はまったくなかったので、ストレスなんだなと思って様子をみた」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「留学して環境が大きく変わったとき。原因が明らかだし、次の月には来たのであまり気にしなかった」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

つらいことだけではなく、緊張や楽しみなども体はストレスを感じます。ストレスの原因だと思われることから解放されても生理が戻らない場合は、お医者さんに行った方が賢明です。

■不規則な生活や過労

・「寝不足が続いて過労気味のときに止まりました。止まった事を気にしないようにして、鉄のサプリメントを取りました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「不規則な食事。規則正しい生活にした」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「仕事が忙しいとすぐに止まる。落ち着いたら来た」(33歳/食品・飲料/技術職)

仕事が忙しい人は、生活が不規則になりがち。せめて夜更かしだけはしないように気を付けて。

■ホルモンの関係

・「ダイエットしすぎた。体重が増えると元にもどった」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「単にホルモンバランスが乱れただけだった。婦人科を受診して、ホルモンの乱れだと思うと言われたらほっとしたのか、その後しばらくして正常に戻った。旅行前のストレスが良くなかったみたい」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「ニキビの治療薬で男性ホルモンを抑える薬を飲んでいて、ホルモンバランスが崩れて一時期こなくなった」(24歳/情報・IT/技術職)

女性の体の神秘を感じます。ホルモンバランスはささいなことで崩れるので、ダイエットや薬の服用などでも生理が止まることがあります。

女性の体は自分で思っているよりずっとデリケート。日ごろからあまりストレスをためないようにして、心身の負担が少ない生活を心がけましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数275件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]