お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

モテ女子がやっている「男を落とすスキンシップ術」―リアクションがイイ

世の中には「あの女子…中々やるな」と勉強させられるモテ女子がいます。自然な感じで男子にボディタッチをしたり、ナチュラルに相手を褒めるなど、モテ女子の高度な技に男子はウハウハになってしまいます。

【男性に聞いた! ズバリ、恋人とする「キス」は好き? それとも嫌い?】

相手に、もろにバレてしまうようなわかりやすいボディタッチは、反対に「男慣れしているのかな?」とか「誰に対してもそうなんだろうな」と悪いイメージを植え付けることがあるので注意しなくてはなりません。ではまず、世の中のいわゆるモテ女子とは、どのような女子なのかを説明いたします。

【モテ女子の特徴】
●自分を表現する、自己プロデュース能力に優れている女子
自分の売り込み方、自分をわかってもらうことに長けている女子は、モテ女子の特徴です。ガツガツと来るわけではなく、色々な会話の流れに上手く乗り、尚且つ自分自身でプロデュースをするという、少し高度と言われる技になります。

●リアクションがイイ女子
ノリがいい子、リアクションがいい子は親しみが湧きますよね。小さなことにオーバーリアクションだと、反対に「わざとらしいなぁ」とか「自分とは合わないかな?」と感じさせてしまうかもしれませんが、モテ女子はココ!というところを見逃しません。

また、男子自身もネタ的なことを言っても彼女なら大丈夫、とか、拾ってくれるであろうという、会話の安定感を感じさせるのでしょう。

●気配りや気遣いが出来る女子
小さなことに気づく、ちゃんと相手のことを見ているのだという、気遣いが出来る女子は将来的に考えられるモテ女子です。彼に対してだけでなく、他の友達などにも気配りや気遣いが出来ている女子は、男子から見ても女子から見てもモテ女子だと思います。

●空気が読める女子
ノリがいい子と同じような気もしますが、ノリの良さも持ち合わせつつTPOに合わせて、対処できるポテンシャルの高さは、学びたい所です。

●元気!快活で雰囲気がある女子
外見の雰囲気や醸し出しているオーラが、ギスギスしておらず軽く抜け感がある女子はモテ女子の基本です。中身はしっかりしていても、見た目が柔らかい雰囲気という軽めのギャップは、男子が望む女子の象徴ですね。

●聞き上手で、自分の事は適度に秘密にする女子
おしゃべりが大好きなのが女子です。ですが、モテ女子の基本体制は聞き上手だということ。こっちがどんどん話したくなるような相槌や、目をキラキラさせて聞いてくれる女子には男子は敵いません。「この子との会話は楽しいなぁ」と思われることが大切です。

そして、自分の話は自分からは進んでしないこと。聞かれたら軽く答える程度という、ミステリアスガール演出を自ら創り出すのがモテ女子です。男子は分からないから追いかけたくなる、知りたくなる生き物ということを理解した上なのでしょう。

【いざ実践!男を落とすナチュラルなスキンシップ術】
自然なスキンシップ術に必要なのは無意識感を見せる“ことです。触れたい、近づきたい、という意識的な行動は、人を不自然にさせてしまうのでナチュラル感は、とっても重要なポイントです。

●「ねぇねぇ、これ見て?」というタイミングで、グッと顔を近づける
ぐっと近づくけど、触れない。触れそうで触れない距離感が、より一層ドキドキ感を生み出します。何気なく近づく女子に、男子は不意打ちをつかれるのです。彼が自分のことを意識していないだろうと、感じるときなどに効果的なスキンシップ術ですね。

●座る時は膝ではなく、太ももを引っ付ける位の距離感を
相手に意識させることで、重要な事は距離感ですね。よく、恋愛指南書などで言われている”膝をつける”ですが、敢えて膝ではなく太ももが触れる位の距離感を意識しましょう。膝があたることは、意識してなくても、よくあるパターンです。ですが太ももは隣に座り、しかも適度な密着度がないと成し得ません。

ですから、ご飯を食べている時ではなく、二次会や三次会などのテンションが上がってきた時に、実践するのがベストですね。

●「香水何つけてるの?」
「香水何つけてるの?なんかいい匂いする?」と言うと、大抵の男子は腕を出しながら銘柄を言ってくれます。そこがチャンス!その時に、彼の腕を両手で包み顔を彼の腕に近づけます。その時に唇を軽く触れさせます「リップついちゃった」など言って、顔を離しましょう。

男子は不意に、腕に唇が触れたことでドキドキ感は高まるでしょうね。

●話すときは太ももに手を・・・ではなく、上半身に手を!
恋愛上級者テクは、太ももに手を置く!と言われていますが、今では浸透し過ぎて男子自身「明からさまだな…」と感じてしまうでしょう。不自然にならず、ナチュラルにスキンシップを図るなら下半身ではなく上半身です。

会話に夢中で思わず腕を掴んでしまっていたなど、下半身に手を出すよりもナチュラルさを感じさせるのです太ももテクは王道ですが、リスクも高くなるので無難かつドキドキさせるのは、腕など上半身にボディタッチをすることです。

モテ女子のスキンシップ術は、元々備わっている場合もありますが、自分がされて嬉しい事をちゃんとわかっている女子だと思います。スキンシップが苦手だと思っている女子も、一皮剥けてモテ女子へと変身していきましょう!

お役立ち情報[PR]