お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性ホルモンのゆらぎ

生理時に体の変化を実感! 5人に1人の女性が●●に敏感になることが判明

生理時に、どんな体の変化を感じるのかは人それぞれです。「普段とまったく変わりがない!」という女子もいれば、中にはニオイに敏感になる人も。そこで、生理時にさまざまなニオイに敏感になるタイプかどうか、女性たちの意見を聞いてみました。

Q.あなたは、生理時にニオイに敏感になるタイプですか?

はい……20.0%
いいえ……80.0%

こんな変化を実感している女性は、20%であることがわかりました。どんなニオイに敏感になるのか、それぞれのエピソードを教えてもらいました。

■他人の体臭が気になる

・「他人の体臭や口臭が普段よりも気になるようになります」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「満員電車など人が集まる場所で、普段は気にしないような人のニオイが気になる」(33歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

生理中はいつもより、他人のニオイが気になる人も。だからといって、人が集まる場所を避けるのは簡単ではありません。どうしても気になる場合はマスクで防ぐなどの工夫が必要そう。

■香水などが気になる

・「人の柔軟剤や香水のニオイなど人にまつわるニオイに敏感になる」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「職場のお手洗いで、昼休み後にいろんな人が歯を磨いた後の、歯磨き粉のいろいろなニオイが混ざっているのが気にある時期があります。普段はそんなに気になったことはないので、敏感になっているのかな? と感じます」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)

一つひとつはいい香りのはずなのですが、生理時にはそう感じない女性も少なくないよう。

■たばこが気になる

・「たばこのニオイ。街中ですれちがう人もすごく気になる」(26歳/医療・福祉/専門職)

普段でも気になるたばこのニオイ……。敏感になっているときには、さらに気になる! という方も。身近に喫煙者がいると、キツイことも多そうです。

■実は一番、自分のニオイが気になる!

・「経血のニオイがときどき自分の飼っているうさぎのトイレのようなニオイがしていると思う。これがほかの人もすれちがいざまににおっているのではないかと心配になる」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ナプキンなどで蒸れたニオイ。オフィスや男性の多い場所で気づかれないか心配になります」(30歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「ケモノのような、なんとも言えない血のニオイに敏感になる。彼氏に膝枕を頼まれたときに特に気になって敏感になる」(26歳/金融・証券/専門職)

実は今回のアンケートで、もっとも目立ったのがこちらの意見です。ほかの何よりも、自分のニオイが気になってしまう……。本来経血はほとんど無臭なので、こまめにナプキンを取り換えることで、ある程度は予防できます。ニオイが発生しにくいと言われる布ナプキンを使うのもいいかも。

自分のニオイ、他人のニオイ、さまざまなニオイに敏感になってしまう女性たち。生理中は、やはり非常にデリケートな時期だと言えそうですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数250件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]