お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性ホルモンのゆらぎ

生理中の彼女のヒステリー、男性はどう受け止めているの? 約6割の男性が「仕方がないと思う」

生理中の気分の浮き沈みに悩む女性は多いものです。ちょっとしたひと言で、すぐにカッとなってしまったり、逆にものすごく落ち込んでしまったり……。ついヒステリックな対応で、彼を困らせてしまうこともありますよね。生理中の女性のヒステリーを、男性はどう思っているのでしょうか。社会人男性に聞いてみました。

Q.あなたは、彼女が生理だったら、ヒステリックになっても仕方がないと思いますか?

思う……59.0%
思わない……41.0%

なんと6割近くの男性が、「仕方がない」と広い心で受け止めているよう。それぞれ、そう思った理由も教えてもらいました。

<生理中のヒステリーは仕方がないと思う男性意見>

■つらそうだから仕方がない

・「ひどい痛みでイライラするの、仕方ない」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「つらいだろうなという事はわかるから」(26歳/農林・水産/技術職)

女性のつらさにそっと寄り添ってくれるような、やさしい意見が目立ちました。ただイライラは、生理前からやってくることも多いんですよね。

■ホルモンの影響で仕方がない

・「ホルモンの活動である以上、精神面に影響があるということは理解しています」(32歳/通信/事務系専門職)

・「文字通り生理現象から生じることは寛容に受け止める覚悟はある」(31歳/商社・卸/営業職)

女性の気分に影響を与えているのは、ホルモンの活動です。女性機能維持のため必要なものなので、カットするわけにはいきません! ホルモンの影響で仕方がないと思ってもらえると、かなり心強いのではないでしょうか。

■「多少」ならかまわない

・「程度によると思うが……多少、発言が攻撃的になっても仕方ないと思う」(27歳/自動車関連/技術職)

・「多少イライラするくらいなら仕方ないと思う」(35歳/情報・IT/技術職)

つらいのはじゅうぶんわかっていても、ヒステリックになりすぎるのはちょっと……と考える男性も少なくないようです。彼の気持ちを手放したくないなら、やはり気遣いは必要なのでしょう。

では反対に、仕方がないとは思わない男性の理由とは?

<生理中のヒステリーは仕方がないとは思わない男性意見>

■正直なところ

・「ヒステリックに当たられていい気分はしないから」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「わからないでもないが、できれば抑えてほしい。まわりに伝染させるのはやはりいい気はしない」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

彼女のイライラを一番に受け止めやすいのは、お互いに気を許しているパートナーです。ぶっちゃけ「受け止めきれない……」とウンザリしている男性もいるようですよ。

■生理だからって何でもありではない

・「配慮はするが、あまりそれを理由に何でもアリかというとそうでもないと思うから」(28歳/小売店/専門職)

・「生理だからムチャクチャしていいなら何でもありの社会になる」(31歳/食品・飲料/技術職)

女性だって、「生理だからなんでも許される」と思っているわけではないのですが……。女性のヒステリーが苦手な男性にとっては、これが率直なホンネなのでしょう。

女性の生理に一定の理解を示しながらも、「できるならヒステリーは勘弁してほしい!」というのが男性の本音だと言えそう。もしもヒステリックなところを見せてしまったら、素直に謝るのがコツ。「ごめんなさい」が言えるか言えないかで、印象はかなり変わるはずですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年2月にWebアンケート。有効回答数117件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]