お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

生理痛がひどくて耐えられない!のを自分で解消する方法

生理痛がひどくて毎月悩まされている女性は多いものです。中には、生理痛が全くないという人もいらっしゃいますが、大半が生理痛で悩まされているとのこと。では、なぜ生理痛が起こるのでしょうか?

【歯医者さんがわかる5つの病気「糖尿病、心臓病、認知症など」】

【生理痛が起こる理由1:生理の血液がうまく子宮の外に流れていない】
年齢が若い人は、子宮が未熟なため子宮口が狭くなっています。そうなると、生理の血液がうまく子宮の外に流れることができないことがあるため、痛みを強く感じます。こういった場合は、年齢を重ねたり、妊娠や出産を経験するうちに痛みが和らいでいくでしょう。

とはいっても、痛みを我慢するのは本当につらいことだと思います。あまりにも我慢ができないような痛みであれば、痛み止めの服用などをして様子をみるべきです。または、産婦人科で医師の指示をもらうといいでしょう。

子宮が未熟なうちに成熟させようとすることはできませんので、まだ若い方であれば、医師と相談し治療を進めていくようにしてくださいね。

【生理痛が起こる理由2:プロスタグランジンの分泌量】
子宮内膜から分泌される“プロスタグランジン”という物質の量も痛みに大きな関係があるようです。この物質には子宮を収縮させる働きがあるのですが、この分泌量が多いと、より強い生理痛が起きやすくなります。

【生理痛が起こる理由3:ストレス】
生理痛を悪化させる原因の中に、肉体的なストレスがあります。寒さのせいで体が冷えてお腹が痛くなる。長時間立ちっぱなし、お腹を締め付けている・・・などといった行動は、生理痛を悪化させますので、できるだけ肉体はリラックスさせられるように配慮しましょう。

【生理痛が起こる理由4:ストレス2】
肉体的なストレスの他に、精神的なストレスも痛みを悪化させます。人間関係の悩みや、痛みに対する恐怖心、生理に対しての嫌悪感なども生理痛を呼ぶ原因となりますので、「月に1回だし、数日我慢すればいいか」といった感じで楽に考えるようにしてください。

原因は知っても、痛いんだから何とかしたい!……その通りです。

では、簡単にできる生理痛への対処法をご紹介いたします。

【生理痛の対処法1:薬を飲む】
生理痛に効果がある薬を飲むのは一番早い方法になるでしょう。生理痛の原因物質の一つ「プロスタグランジン」の成分を抑えるタイプがオススメですが、痛む原因にはいろいろな理由がありますから、その理由に効果があるものを選ぶようにしてください。

市販されている鎮痛剤には、種類がたくさんありますので、薬剤師さんなどに相談して購入するといいのではないでしょうか。

【生理痛の対処法2:血行促進】
体を冷やすと生理痛はひどくなりますので、骨盤あたりを温めるようにして血行を促進してください。
カイロや温熱湿布なんてオススメですよ。

【生理痛の対処法3:食事に気を付ける」
食べ物・飲み物には生理痛を緩和するのに役立つものがたくさんあります。日ごろの食生活が乱れていると、食生活が原因で起こる生理痛が起こりますので、食生活を見直すようにしてください。特に体を冷やすような食べ物は生理前から生理終わりまではやめておいたほうがいいですね。

【生理痛を悪化させてしまう行動】
生理痛を悪化させる行動は、お酒やタバコです。甘いものも刺激になるので、生理痛が強まってしまいます。また、生理中のセックスもダメですよ。生理中は細菌感染を起こしやすいですし、経血が逆流してしまって子宮内膜症になる可能性が高くなってしまいます。

いくらパートナーが求めてきたとしても、きちんとお断りするようにしてください。コンドームを付けているからといって細菌感染や経血の逆流はないなんて安心しないでくださいね。コンドームを付けていても経血は逆流しますから……。

【最後に】
生活習慣や食生活、ストレスなどで生理痛が悪化する場合もありますが、病気が原因で生理痛が起こっている場合もありますから注意が必要です。例えば、子宮内膜症などが有名ですね。

子宮内膜症は、子宮内膜そのものの病気ではなく、本来子宮の内側にだけ存在する子宮内膜の組織が、違う場所に侵入して増殖した状態のことをいいます。卵巣、子宮壁内、骨盤腹膜などにできやすく「こぶ」のようなものとなっていますので、婦人科で検査をすればすぐにわかるはずです。

また、子宮筋腫も生理痛を引き起こすものとなります。

子宮筋腫は子宮の壁にできる良性の腫瘍となります。ちなみに、子宮筋腫はまれに悪性腫瘍に変わってしまう場合がありますので注意してください。とはいっても、その確率はとても低いものとなっていますが、念には念できちんと調べてもらって、医師の指示に従うようにしましょう。

子宮筋腫の場合はピルを使って治療することになります。月経をしばらくとめて子宮筋腫を治療するのですが、ピルを使うことで生理痛も治まりますから安心ですね。

お役立ち情報[PR]