お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

冬こそ、きちんと脱毛。露出の少ない季節でも手を抜かないで!

Doctors Me

美しい足

露出が増える春や夏から脱毛を始める人が多いようですが、方法によっては時間がかかることもあります。さらに、男性の半数が 秋冬に脱毛しない女性に対して嫌悪感を抱いているというデータもあり、露出の少ない季節からから始めたほうが、じつはよさそう。そんな脱毛の効果的な方法を紹介します。

■「抜いて」脱毛する場合

毛を抜く場合に注意が必要なのが、ヒフのかゆみと毛穴のブツブツ。これは、毛細血管から出血、炎症を起こしている証拠。また、脱毛の際に毛根が引っ張られて横になってしまうと、毛先がヒフの外にでにくくなる埋没毛も起こしやすく……。そんなトラブルを防ぐためには、特に脱毛テープやワックス、家庭用脱毛器などを使うときは、説明書をよく読むこと。また、次の方法を取り入れると失敗なく、きれいに脱毛できるでしょう。

1:腕の一部分などで一度試してから全体の脱毛にとりかかる
2:あらかじめ、気になる部位のむだ毛を短くカットしておく
3:脱毛後に残ったむだ毛は毛抜きで処理。このとき、肌を押さえながら引き抜くと痛みが軽減
4:ヒフがかゆくなった場合は、肌を冷やすようにする

■「剃って」脱毛する場合

多くの人が、入浴中にカミソリなどを使って行っている、もっともメジャーな方法ですが、じつはキレイにかつ肌への負担を軽くするためには、いくつかのステップが必要なのです。

☆蒸しタオルを用意

濡らしたタオルを電子レンジで30秒強温め、剃るパーツに乗せて約30秒蒸らします。毛穴が開き、ムダ毛も柔らかくなるので、カミソリが引っかからず剃りやすくなります。

☆シェービング剤をつけて剃る

むだ毛が気になる部位に、まんべんなくシェービング剤をつけます。剃る際は、肌がピンと張るよう片手で押さえながら、毛の流れと逆に向かってやさしく剃ります。ヒザまわりや脇、関節まわりなどは剃り残しが多くなりがちなのでしっかりヒフを張り、小さいカミソリを細かく動かしながら剃ります。

☆最後はしっかり保湿

シェービング剤は軽くすすいで流すかタオルで拭き取ります。その後、しっかり保湿をします。脱毛直後に、熱いお風呂に入ったり、石鹸で強く洗ったりするのはNG。肌への負担となってしまいます。

■剃った後の「困った」の対処法

☆カミソリ負けを起こしてしまった

濡れたタオルで冷やしましょう。治まってきたら、保湿剤で潤いをプラス。

☆毛が埋まってしまった場合

表面をスクラブなどでやさしくピーリング。埋もれてしまった部分を両手で左右にねじったり、もんだりすると、毛先が出やすくなります。

■まとめ

脱毛の際に使った器具に、刃に毛や角質が残ったままだと雑菌がつくので、必ずキレイに洗い流すことが大事です。また、カミソリの場合、そのままお風呂に放置すると切れ味が悪くなるので、水分をしっかり拭き取って乾燥した場所で保管しましょう。

(34歳女性医師/Doctors Me)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]