お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

車のガソリン代を節約!「10秒以上停車するなら、一旦エンジンを切る方がお得」

車は便利だけど、ガソリンスタンドに行くと憂鬱。レシートを見て、これがもっと安かったら……と思ったことはありませんか? もちろんガソリンの値段を自由にコントロールすることはできませんが、節約なら誰にでもできます!

【年間で数万円の節約に!見落としがちな「お風呂の節約テクニック」3つ】

車大国アメリカのビジネス系情報サイト「BUSINESS INSIDER」が紹介している、ガソリン節約に役立つ事実を見てみましょう。

■10秒以上停車するなら、一旦エンジンを切る方がお得

エンジンを切ったら、かけ直すのに余計ガソリンがいるんじゃないの? と思いがちですが、エンジンをかけるのに必要なガソリンは意外に少なく、アイドリング10秒分。つまり、10秒以上停まるときはエンジンを切った方がお得なんです。

その節約術を採用しているバスなど、信号で停まるたびにエンジンを切っているのを見かけますよね。

■冬のアイドリングは30秒でOK!

両親の教えにしたがって、長々と車をアイドリングしている人はいませんか? 冬場は車に乗る前にしばらくエンジンを温めなきゃ……なんていう時代は終わりました! 実を言うと、90年代以降の車は、構造上たった30秒温めるだけで静かに運転を始めて良いんです。

この2つを押さえて、アイドリングは最小限に! ガソリン代の節約はもちろん、アイドリング中の排気ガスも減らせて環境にも優しく一石二鳥です。ぜひ、実践してみてくださいね。

参考:
Stop wasting gas by ‘warming up’ the car when it’s cold out
http://www.businessinsider.com/do-you-need-to-warm-up-a-car-in-winter-2015-2

お役立ち情報[PR]