お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

毎回、毎回、同じところに大人ニキビが……!なぜなの?

ちょっと……また? いつもいつも、こんな目立つところに……。そんな独り言を口にしながら、コンシーラーを片手に大人ニキビと戦っている人はいませんか?

【なぜ大人ニキビができるの?ニキビ7つのQ&A「ストレスはニキビの原因にはならない」】

そもそも、どうして同じ場所にできることが多いのでしょうか? アメリカの人気女性誌「Women’s Health」でもその疑問が話題に上がっています。そこで、化粧品の臨床研究に携わる皮膚科医が紹介した4つの原因と、それぞれの対処法を見てみましょう。

■ 皮下にニキビ袋が潜んでいるせい

腫れあがってくるのに膿のようなものは出ずに治まるのがこのタイプ。皮下にある嚢胞(袋のようなもの)に脂が溜まるという症状です。この繰り返しは、皮膚科で治療を受けないと止まりません。気になる人は一度受診しましょう。

■ 前にあった大人ニキビのせい

前にそこにあったふきでものが、次ができる原因となるパターン。これを止めるには、余分な皮脂を取り除き、殺菌することが大切。皮膚科で受けられるサリチル酸治療や、過酸化ベンゾイルを含む市販の消毒剤で殺菌しましょう。

■ 習慣のせい

頬杖をついたり、クッションに顔を埋めたり。雑菌を顔に押し込む日常的な癖がニキビを作っていることがあります。手の殺菌なども効果がありますが、癖をやめるのが一番です。

■ ホルモンバランスのせい

生理と連動して、顔の下3分の1、鼻から下にふきでものがたくさんできるパターン。これをなるべく抑えるには、生理が始まる1週間前にサリチル酸で余分な皮脂を除去するのが効果的です。

4つの原因に、思い当たるものはありましたか? イヤな大人ニキビには、なるべく出てこないでほしいですね!

参考:
Why You Keep Getting a Pimple in the SAME Exact Spot
http://www.womenshealthmag.com/beauty/getting-acne-in-the-same-place

お役立ち情報[PR]