お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

女性が長生きなのは世界共通

サウジアラビアのアブドラ国王の死去に伴い、イギリスのエリザベス女王が世界最高齢君主となりました。

【なぜ、男性よりも女性のほうが、寿命が長いの?】

エリザベス女王は父親ジョージ2世の死去によって1952年2月25歳の若さでに王座に即位し、それから60年以上英国の様々な変化を見届けながら君主に君臨し続けています。

2012年には即位60年を祝う式典「ダイヤモンド・ジュビリー」が行われました。

他国を見てみるとマレーシアのアブドゥル・ハリム・ムアザム・ジャー国王とタイのプーミポン・アドゥンラヤデート国王の87歳が現在88歳のエリザベス女王の次に続いています。

今年4月21日に89歳を迎えるエリザベス女王は1000年に渡るイギリスの歴史史上2番目に長い在位期間ですが、このまま2015年9月まで君主の座にいると1819年に生まれ1837年から1901年の死去に至るまで在位したエリザベス女王の4代前にあたる高祖母ビクトリア女王の最長在位期間63年7か月抜き歴代最長となる予定です。

イギリスでは女性君主の在位期間が男性君主よりも長い傾向があり、又、エリザベス女王の母親のクイーン・マザーも、祖母のメアリ王妃も国王よりも長生きでした。

エリザベス女王は世界最長のキャリアウーマンですね。

参考:
The Queen is now the oldest monarch after the death of King Abdullah of Saudi Arabia
http://www.heraldsun.com.au/news/world/the-queen-is-now-the-oldest-monarch-after-the-death-of-king-abdullah-of-saudi-arabia/story-fni0xs61-1227195350742

お役立ち情報[PR]