お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

パレオダイエット実行者の5つの間違い

パレオとは パレオリシック (旧石器時代)の略で、農耕が発達した約8000年前までの時代を指していて、パレオ・ダイエットとは、その旧石器時代の人々の食生活を再現したダイエット法です。

身体が強く、非常に健康的であった彼らの時代の食生活をまねることは彼らと遺伝子はさほど変化していない私たちが今の時代に真似ても支障が無いだけでなく、自然界から生まれたものだけを取ることのほうが身体には望ましいという考えかたによって支持され人気が高まっているパレオダイエットですが、全くリスクがないわけではないのです。このパレオダイエットでやってしまいがちな5つ間違いをMindBodyGreenでテリーワルス博士が伝えています。

☆1、炭水化物類をほとんど摂取せず、摂取してもほぼグルテンフリー製品に置き換えるのは×。

原始時代には穀類があまり無かったということだけで、玄米や全粒粉も含めほぼすべての炭水化物を取らないことはすすめられません。

☆2、野菜摂取量が不十分なのは×。

自然の状態で食べることを薦めているので摂取する野菜が偏ったり、少なくなっていきます。1日あたりに必要なビタミン、ミネラルの欠如につながっていくのです。

☆3、肉を食べ過ぎるのは×。

旧石器時代の人々は1日の総カロリーの5~6割を肉類などのたんぱく質で取っていたことから多くの肉を摂取してしまいがちですが、現代においての畜産のお肉を食べる時点で旧石器時代の肉とは既に別のものと考え、肉を食べ過ぎないようにしましょう。

☆4、モツを食べないのは×。

例えばレバーはビタミンやミネラル、必須脂肪酸を豊富に含んでいます。旧石器時代以降
研究が進み私たちの健康に効果があると判明したものの摂取を拒む必要はありません。

☆5、海藻類をあまり食べないのは×。

海藻類はヨウ素、セレンといった不可欠なミネラルを含みます。免疫機能とホルモン・バランスを向上させるためにも適量の摂取は必要です。

以上の点に留意して、パレオダイエットの効果をより高めていきましょう。

参考:
Top 5 Mistakes Paleo Eaters Make
http://www.mindbodygreen.com/0-17091/top-5-mistakes-paleo-eaters-make.html

お役立ち情報[PR]