お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

この3つのことを90日間続けたら、スピードアップと身体の変化が起こった!「水分補給」

ジョギングを楽しめるようになり、マラソン大会への出場を視野に入れるようになると
より本格的にスピードアップや強い身体を作りたいと思い描き始めることでしょう。

【正しいランニングフォームを身につけるためのポイント~腕振り~】

そのために、大会出場に合わせたトレーニング計画を立ててもらう。ランニングのグループに入る。

新しい靴を選んでみる。などいくつものアプローチがありますがMindBodyGreenに紹介されている3つのポイントも取り入れてみてはどうでしょう。

本格的なトレーニングを始めることで起こる膝の痛みなどのリスクを減らす効果のあったポイントとは

1、スクワット スクワットは膝を痛めるのでやらないほうがいいという意見もありますが、スクワットでは
腰と膝の筋肉が鍛えられ、大腿四頭筋やハムストリングの筋力はつき、結果、正しいランニングフォームを
保てるようになります。スクワットは筋力をつけます。筋力がつくとより早いスピードで走れるようになります。

2、水分補給 水分補給は当然のことですが、実際自分が必要と思っている水分量や自分が摂取したと思っている
水分量は以外と少ないものです。自分が思っているよりも少し多めに水分を取る事が必要です。

3、休息 適度な休息で筋肉がより強くなります。そして、身体だけでは無く気持ちにもよい影響を与えます。

負荷をかけるトレーニング中に筋肉は切れ、休息によっ切れた筋肉はより太い筋肉となって修復されていきます。この修復の時間があることによって筋肉はより発達していくのです。

ですから、休みをとることは筋力をつけるためにも必要なことなのです。加えて、休息によって気持ちをリラックスさせ、がんばりすぎることによって起こる突発的にトレーニング計画を放棄してしまうリスクを減らせるでしょう。

どうでしたか?より速く、より強いランナーとして大会を楽しむための参考にしてみては?

参考:
I Did These 3 Things For 90 Days & Became A Faster, Stronger Runner
http://www.mindbodygreen.com/0-17082/i-did-these-3-things-for-90-days-became-a-faster-stronger-runner.html

お役立ち情報[PR]