お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

今までの人生で最も衝撃的だった体験

長い人生、いつなにが起こるかわかりません。できれば平穏な人生を送りたいものですが、人それぞれに「あんなことが起きるなんてなぁ」と思う出来事を経験したことがあるのでは。もし「人生で最も衝撃的だった体験」を挙げるとしたら、いったいどんな体験だったのか。

【衝撃を受けたおみそ汁の具材】

読者の皆さんに聞きました。

調査期間:2014/12/23~2015/1/5
有効回答数689件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

■「仕事で付き合いがあった他社のエンジニアが、突然『次の打ち合わせから私は女性になります』と宣言し、本当に次から女性の格好で打ち合わせに出席し始めた」(54歳/男性)

「ありのままで」ということなのでしょうか。

■「別れた元彼と一度会うことになった。なんとなく彼に誘われるがままにラブホへ行ったのですが、そのラブホ代を割り勘にされたこと。自分はそんなにその気ではなかったのに……」(26歳/女性)

乗り気ならまだしも、そこは男性側に出してもらいたかったですね。

■「告白された相手と付き合い始めたその日にセックスして、連絡が取れなくなった」(30歳/女性)

悪い男には気をつけてください。

■「卒業以来7年会っていなかった友達から急に電話がかかってきて、即効付き合うことになった」(41歳/女性)

恋はするものではなくて、落ちるものですから。

■「知り合いの逮捕。わいせつで」(27歳/女性)

絶句とはまさにこのこと。

■「東京観光していたら、逮捕された某有名女優が警察署から移送されるところを偶然見かけた」(25歳/男性)

ニュースで見るような光景を間近で見る。まさに衝撃的です。

■「風邪をこじらせて死にかけたこと。肺炎にかかっていたのに、医者にそのまま風邪だと診断されていました」(29歳/女性)

病気を患ってしまったエピソードはほかにもたくさんありました。お体には気をつけて……。

■「小学生のとき、自宅ビル屋上(5階)から落ちたのに無傷だった。不死身と言われた」(43歳/女性)

ほかにも「車に轢かれると本当にスローモーションのように感じるんだと思ったこと」(35歳/男性)など、事故の体験も多く寄せられました。無事でなによりです。

■「恋愛に疎そうな弟が、実は学生時代に二股をしていたと知ったとき。実家暮らしでデートしている素振りも全くなかったので、本当に衝撃的だった」(28歳/女性)

人は見かけによらないということなのでしょうか。身内なら衝撃もひとしおです。

■「私の大学の女友達が、私の高校のときの男友達と社会人になってから知り合って結婚した」(29歳/女性)

世間は狭いものですね。

■「出産。自分の体の中にいたものが出てきて育っていくのはすごく不思議な感じだった」(26歳/女性)

生命の神秘を感じられる出産に衝撃を受けたという回答者も多かったです。

■「ビデオを返却し忘れて半月以上の延滞料金をとられた」(37歳/男性)

もはや買ったほうが安かったのでは。ヘコみますよね……。

■「フェリーに乗って大阪に着いた瞬間に阪神大震災が起こった」(40歳/男性)

東日本大震災や9.11などを「人生で最も衝撃を受けた出来事」と回答した人はたくさんいました。絶対に忘れてはいけない出来事です。

■「旅行の電車の中で、包丁でカステラを切っている人がいた」(31歳/女性)

一瞬ほのぼのとしてしまいそうですが、怖すぎる……。

■「階段から落ちて腰を打って今動けないときに、このアンケートに答えていること」(26歳/女性)

ご回答、本当にありがとうございました。

さまざまな出来事が起こる人生。なにが起こったときにも対処できるように備えをしておきたいものです。でもやっぱり、平和が一番……ですよね?

(宮崎智之+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]