お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

男性必見!―女性に聞いた、男性に誘ってもらうためにしている仕草・行動

気に入った男性がいたとき、自分から誘う積極的な女性もいれば、相手に誘われるようテクニックを使う女性もいるでしょう。では後者の女性たちは、どういった方法を駆使して男性の誘いを引き出すのでしょうか。女性の皆さんに「相手に誘ってもらうためのテクニック」を聞きました。

【男性は女性からの誘いに弱い! デートお誘い成功率65%】

調査期間:2014/12/23~2015/1/5
有効回答数689件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

■「とにかく行きたい場所の話題を振る。そして『○○君と行けたら楽しそう』と言う」(23歳/女性)

これはもう、ほとんど自分から誘っている状態ですね。ここまで言って、相手の返事が「そうかもね……」で終わったら絶望しそうです。

■「『ストレス発散で飲みたいけど、みんな忙しいらしいんだよね』と丁寧に状況を説明して、相手が誘いやすい形にする」(33歳/女性)

「飲みたい」だけだと、自信のない男性は踏み込めない可能性もありますから。ここまでいわれたら、「あ、俺が誘っていいのかな」となりそうです。

■「相手の好きな料理を聞く→好きなレストランを聞く→ここぞとばかりに『行ってみたい』と言う」 (30歳/女性)

これも男性にとっては強気になれる展開。でも筆者(男性)は、この展開で誘って「うーん、でも最近忙しいんだ」と言われてトラウマになった経験がありますよ。

■「行きたいところのパンフや雑誌を、相手の見えるところに置いておく」(30歳/女性)

狙いは分かりますが、そこからの展開が重要なところ。パンフを見つけても、いきなり「一緒に行こう!」と誘えるでしょうか。筆者みたいなナヨナヨ男子にはできません。

■「メールで『今日は夜ヒマなんです』と時間があることをアピールする」(24歳/女性)

これはまたストレートな文面ですね。確かにこういうメールが来ると、誘ってもいい気がします。こんなメール、来たことはないのですが。

■「会ったあとに楽しかったアピールをめちゃくちゃする。さすがに相手も『じゃあ今度また会おう』と言ってくる」(29歳/女性)

2度目のデートを取り付けるにはこれがよさそうですね。「ああ、楽しかった! こんな楽しいの生まれて初めて!」なんてフレーズが良いでしょうか。いや、これはウソくさいですね。

今回のアンケートで多数を占めたのは、「○○に行ってみたい」と言う方法。このやり方がもっともシンプルで、相手の男性にも気持ちが伝わるかもしれません。逆に、ここまでして誘われなかったら、それは厳しい状況。つまり、「○○に行ってみたい」というのは、結局のところ「遠回しの告白」なのでしょう。

(J.B.河合+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]