お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

二日酔いの胃を綺麗に!―大根と柿がスゴい

楽しい飲み会の翌日に二日酔いになってしまうと、せっかくの気分が台無しですよね。そんな二日酔いに効く食材として、大根と柿に関する豆知識をご紹介しましょう。

【二日酔いには◯◯:世界のオモシロ二日酔い対策】

■大根おろしの効果

大根は、二日酔いに効く食べ物です。ビタミンCを多く含み、肝臓のアルコール分解を助けてくれます。さらにアルコール分解時に発生する有害物質アセトアルデヒドの排出を促す作用もあるため、二日酔いの解消が早められます。

そのため、お酒を飲むのと一緒に大根サラダなどで積極的に食べることで、二日酔い防止にもなります。

二日酔いの朝に食べるなら、大根おろしにするのがおすすめ。弱った胃腸でも消化しやすく、また二日酔いによる吐き気も押さえてくれます。大根おろしのしぼり汁を飲むことでも効果がありますよ。

■甘く熟した柿

二日酔いには、柿を食べることも有効です。柿は秋が旬なので、夏の終わりに体調を崩しやすい人には特におすすめです。そもそも柿は「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われるように、栄養価が高いものです。

柿に含まれるビタミンCと渋みの成分タンニンは、大根と同様に肝臓の働きを助けます。甘く熟した柿には、たくさんの果糖が含まれ、体の栄養補給に最適です。

一人暮らしでは柿を買うことが少ないかもしれませんが、二日酔いになりそうな時期には食べてみることをおすすめします。干し柿でも二日酔い改善効果があるため、実家から分けてもらったりしても良いですね。

■二日酔いのメカニズム

大根と柿が二日酔いに効果的な食べ物なのですが、ここで二日酔いのメカニズムを確認しておきましょう。

アルコールを摂取すると、胃腸を通って肝臓に運ばれ、分解されます。分解されると、有害物質アセトアルデヒドや、その酸化物が生成されます。この毒性により、二日酔いが引き起こされます。おまけにアルコールによって脱水症状になり、脳の水分が減るため、頭痛が起こります。

全身が脱水症状になり、大量のビタミンが奪われてしまいます。これらが総合的に関わることによって、頭痛、吐き気、めまいなどが起こるのです。

いかがでしょうか。知らなかったこと、へぇといったものがあったかもしれませんね。楽しいお酒をいつまでもたしなむために、二日酔いにならない、身体に負担のかからない飲み方を身につけたいものです。万一二日酔いになってしまったら、ここに挙げた役立つ事実を活用してみましょう。

お役立ち情報[PR]